1. 無料アクセス解析

また大阪地検がやりよった。大阪地検は冤罪の生産工場だ。

また、大阪地検がやりよった。
大阪地検は18日、強姦と強制わいせつの罪で懲役12年の実刑判決が確定し、約3年半にわたり服役していた男性について、有罪の決め手となった被害者や目撃者の証言が虚偽と判明したとして、刑の執行を同日停止し、釈放したと発表した。
男性は捜査段階から一貫して否認。公判でも無罪を主張したが、女性や目撃者の証言が決め手となり、23年に懲役12年の実刑判決が確定し、服役していた。ところが、地検が再捜査を進めたところ、女性と目撃者が証言を翻し、男性の犯行を否定する新たな客観証拠が見つかったという。現在、男性側は再審請求中で、再審開始は決定的、今後無罪が言い渡されるとみられる。この男性は本当にお気の毒だ。お気の毒という軽い言葉で表現するのが失礼であり、侮辱とも受け取られるかもしれない。
この男性はもう、警察はもとより国家、民主主義、法治というものを信用しないだろう。ワシは、足利事件で菅谷さんの冤罪がはれたときもそう思ったが、日本ではこれまでにも多くの冤罪事件があったと思っている。そしてそのほとんどの人が再審請求もできず、無念のままに刑に服し、死んでいった。冤罪事件で無罪とニュースになるのはごく一部の人だ。警察、検察が自分たちの職務を正当化するために、国民を犯罪者に仕立て上げるという構図が出来上がっていたのだ。
足利事件、免田事件、袴田事件そして村木事件など検察の証拠捏造が世に晒され、警察、検察の信用が大きく傷つき、国民の厳しい目が向けられている今だから、この事件を隠蔽することが出来なかったのだろう。足利事件の無罪や村木事件の証拠捏造が世に出なかったら、おそらく、この事件の再審は認められず、この男性もまた、無念のままに刑に服し、そして死んでいく犯罪者の一人になっていただろう。
この男性は無罪になる。無罪になったからといって、100%元の状態に戻ることはない。仕事をしていれば、会社を辞めたであろうし、結婚していれば離婚しているかもしれない。家族がいれば、よそに転居しているかもしれない。友人も離れて行ったかもしれない。無罪とはいえ、冤罪の代償は大きい。しかし、警察、検察の人間は誰一人として、損害を被ることはない。定年になれば2千万、3千万にもなる退職金を受けとって天下りする。公務員だから個人の責任は追及されない。組織で対応しているからというのが理由だが、その結果誰も責任を取らなくいい。損害賠償が発生すれば、それは国民の税金から拠出される。警察、検察の人間は1円たりとも払わなくてもいいのだ。善良な国民を無実の罪に陥れ、一方、自分たちは税金でヌクヌクと食っていける。これは、よその国だったら確実に暴動だ。ワシだって、人ごとながら暴れまわりたいよ。
日本は、税金で食ってる人間のほうが、税金を納めている人間よりも労働待遇がよく、社会的信用もあり、いい暮らしをし、職務上の責任を追及されることもない。中国では、共産主義社会でありながら共産党員という富裕層がいて、超法規的立場にある。日本では「公務員」という富裕層がいて、無誤謬性という立場で法的責任を回避されている。なんだ、中国も日本も一緒じゃないか。違うのは、日本は中国ほど貧富の差が大きくないということだけだ。
「公務員が国民を搾取する社会」これが日本型民主主義的社会主義だ。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村





社会・政治問題 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : ブログ

組織防衛のためダラダラと公共工事をする公務員

 ワシの住んでる町の幹線道路はいつもどこかを工事をしている。4車線あるが、この道路が4車線で機能しているのを見たことがない。どこかで工事しているので、4車線のうち1車線は工事用に規制されているから、実質3車線道路になっている。2車線道路では実質1車線しか使えない。道路の車線数は交通量で決定されると思っていたが、実際には道路改良工事のための工事用車線を確保するために計画されているのではないか思われる。
 いまこの場所で工事をされているのは、本線の拡幅と、右折レーンの設置、そしてこの場所で本線にタッチする道路の橋梁新設工事だ。橋梁といっても長さ10mから12mの短い橋だ。ところがこの交差点は2年前から工事が始まっている。規模的には小さな現場だ。1年中工事しているというのではなく、7月から翌年の3月が工事期間になっている。ワシは今日から夏期休暇で休んでいるが、この場所に来ると昼間でも渋滞していた。あすからのお盆の買い出しや、夏休みの帰省客、行楽客の影響だろう。ワシも渋滞に巻き込まれここで20分時間をロスした。2年前に工事が始まった時には、その年には工事が完了すると思っていた。しかし今年も去年と同じように工事の続きをしている。なんでこんな小さな現場の工事が2年間もかかるのか。いや今年で終わらないかもしれない。そういえば同じ町内で豪雨による洪水で橋が流された時も、工事の完成まで3年間かかった。長さ20m、幅員4mくらいの小さな橋だ。この間、20m先のスーパーに行くにも400m迂回しなければならなかった。
 役所のする仕事がいかに非効率かが改めてわかった。おそらくこの交差点も橋の架け替えも、1年もあれば十分に工事は完了するはずだ。しかし、役所としては、早く工事が完了すると事業、すなわち仕事が減り、職員も削減しなければならないから、そうならないように工事を小出しに発注しているとしか考えられない。1年で終わるものを3年、3年で終わるものを5年というように。つまり役所の組織維持のために、早く終わる工事を、わざと長くかけて工事をしているのだ。
 今は行政改革として公務員の人員および給与の削減が、国民から注目されている。無駄な公共事業の削減や、過剰な公務員の削減が求められている。だから、彼らにとっては工事を早く終わらせることは、それだけ早く仕事がなくなることになり、人員が過剰、つまり公務員の削減を要求されることになる。これ防ぐために組合と管理者が一体となって、工事を不要に長く引き伸ばし、それによって公務員の削減を阻止しているつまり、公務員の組織を守るために、納税者が不利益を被っていることになるのだ。納税者の税金で食っている役人が、自分たちの組織を守るために、納税者に不便を強要することで、その不利益をこれまた納税者に負わせようとしているのだ。
 役人って一体何様なのだ。公務員の年間所得を公表したら、納税者はびっくりして声もでないよ。外国だったら暴動だね。
 公務員が国民を搾取する社会。これって社会主義社会じゃないの。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村

テーマ : 今日のつぶやき - ジャンル : ブログ

公務員って何様、税金不払いするぞ!

この間、仕事の関係でダムの管理事務所というところに行った。車でないといかれないところだった。路線バスは日に数本走っているようだが当然ながら、それを使って管理事務所を往復はできない。事務所にある過去の建設記録を閲覧させてもらったが、せまい事務所の端っこのデスクで資料に目を通したが2時間半はかかった。所長と若い技術系の男の職員2人、60近いの女性の係長、中年の業者っぽい作業服の男性、若い地元のアルバイトの女性がいた。資料の提供から閲覧まで親切に対応してもらった。
閲覧の間、なんと暇な事務所だろうと思った。電話がほとんどならない。来客がない。なにか急いでしなければならないようでもない。所長もおそらく定年前の最後の一年か。のんびりしている事務所だなーと思った。閲覧が5時前までかかったが、女性の係長はそわそわして席を立ち始めた。ワシも定時を過ぎて事務所で閲覧することは迷惑になるからと思い5時に事務所を出て、駐車場の車のなかで資料をまとめていた。すると5時5分にはあの係長が出てきて私の車の横の軽自動車で帰っていった。
なんといい職場だろう。57,8才か。高校出て国家公務員になったのであれば勤続40年、年収800万はあると思われる。民間でこれだけの年収がある人間は男も含めてそうはいない。こんな楽な仕事場で年収800万。ワシがいたそのときがたまたま暇だったのかもしれないが、事務所の雰囲気で大体わかる。忙しければそれなりの活気や緊張感が伝わってくる。一時的に暇であってもその雰囲気は事務所内に漂っているものである。それが感じられない。
いまは不景気でリストラ、給料は大幅カット、派遣切りなど国民は辛酸をなめているが、税金で食っている(国家)公務員は納税者よりも仕事は楽で、高い給料をもらっている。(国家)公務員は国民を搾取しているようなもんだ。国家公務員の給料を下げると民主党政権は公約していたが、手付かずのまま下野した。いま、アベノミクスの影響で景気が上向いてきたという観測があるが、この景気が本物かどうか見極める必要がある。民間はあいかわらず経営環境は厳しい。ボーナスなどまともに出している会社は少ない。現状を維持するために寝る間も惜しんで仕事をしていると言っても過言ではない。その一方で、必死に納税している国民の税金で、国民よりも高い給料をもらい、国民よりも楽な仕事をし、年次有給休暇は完全消化できる公務員って一体何様なんだ。前日のこのブログにも書いたが、鹿児島県は職員1000人を公金で3泊4日の中国旅行に「海外研修」させるという。ふざけんな!! 
  日本の納税者は本当におとなしい。なぜもっと怒らないんだ。これが外国だったら暴動だ。アベノミクスで景気を底上げするのもいいが、労働の対価に不釣り合いな公務員給与を断固見直すべし。
  国民は堂々と正論の声をあげよう!
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : ブログ