FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

韓国の言う「未来志向」など信用できない。

 韓国の文在寅大統領は11日、「新年の辞」を発表した。韓国では元慰安婦の女性らが日本政府を相手取った訴訟で、8日にソウル中央地裁が日本政府に賠償支払いを命じたばかりだが、文氏はこれには触れなかった。日本との関係に関しては、「未来志向的な発展のためにも引き続き努力していく」との従来の姿勢を示すにとどまった。
 ワシは、この「未来志向」という言葉が大嫌いだ。この言葉は金大中元大統領が言ったのが最初と記憶しているが、これ以降日韓は、事あるたびに「未来志向の日韓関係」という言葉で両国間の懸案を処理しようと言い続けてきたが、言葉とは裏腹に、日韓関係は悪くなるばかりだ。「未来志向」という言葉の意味が、日韓で違うと思わざるを得ない。未来を見る目のついているところが違うのではないか。日本人は顔についているが、韓国人の目は実は後頭部についているのではないか。だから韓国人は後ろの方、過去しか見えないのではないかと思う。現代のずっと後ろの方にある李朝時代が、未来に見えるのかもしれない。
 もうこの言葉、「未来志向」の使用はやめてくれと言いたい。この言葉には中身がない、聞けば反吐が出そうだ。言うなら「日本思考」という言葉に替えてもらいたい。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ


スポンサーサイト



テーマ : 無法国家-韓国 - ジャンル : 政治・経済

韓国要人来日。イの一番に二階に会う。ホワイト国に戻してくれ。 よし、わかった?

 韓国情報機関、国家情報院の朴智元院長が8日から訪日している。朴氏は、日韓関係を重視した故金大中元大統領の最側近で、知日派として知られる。滞在中に自民党の二階俊博幹事長や、滝沢裕昭内閣情報官と会談する見通しという。北朝鮮問題などの国際情勢のほか、元徴用工問題で対立する日韓関係も議題となる可能性がある。
 韓国が一番に頼るのが二階ということは昔から変わりはない。二階に相談すれば何とかなる、何とかしてくれるという期待がもてるからだろう。二階との会談ではホワイト国除外が話題になるだろうことは想像に難くない。ホワイト国に戻してくれと言う懇願が一番の訪日の目的ではないかと思う。これを懇願されて二階は、菅首相にどのようにそれを頼むのか。今後の菅首相の発言が注目される。
 それにしても、今回訪日した朴智元院長は知日派と言う触れ込みだが、だから何なんだ。これまでも知日派と言われる人物は何人も訪日して、日本の首脳と会談してきたが、日韓関係が好転はしてこなかった。知日派と言わえれる人物が必ずしも親日派ではないということと、彼らは韓国国内で何の力もないということだ。
 日本との外交の重要性を鑑み、今の日韓関係を改善しようと、彼らが韓国で運動しているということはない。いくら知日派といったところで、所詮は文在寅政権側の人間なのだ。こういう連中が望む日韓関係改善など日本は望んでいないということを、日本から何らかの形で示すことが重要だ。本来ならそれを二階が仕切らなければならないと思うが、その二階が韓国に物が言えない、というか韓国の言いなりになることが日本にとって大問題だと思う。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ

テーマ : 日本を憂う - ジャンル : 政治・経済

日本、中国と関係改善。アメリは中国と経済戦争。 トランプは日本をどう思うかな。

 トランプ米政権は香港情勢に関し、議会と連携して中国の習近平体制による香港への干渉を阻止する構えを強めている。トランプ大統領は24日の国連での一般討論演説で、「米国は香港情勢を慎重に見守っている。世界は中国政府が香港の自由と司法制度、民主的な生活様式を守ることを確約した、英国との拘束力のある条約を尊重することを期待する。中国が香港情勢に適切に対処するかは、中国の世界における役割と将来を占うことになる」と述べて中国を牽制した。
 このトランプ演説は「自由」と「民主主義」を標榜するアメリカの確固たる信念と存在感を世界に示した点、評価される。世界のアメリカ様が言うからこの演説に重きがある。日本の安倍首相が同じ演説をしても全く世界には響かないであろう。現に今、日中は関係が改善され密月ムードになってきている。それは中国がアメリカとの貿易・経済戦争で劣勢に立たされ、ドイツ、フランスも距離を置くようになった。このようなの中、むしろ中国が日本にすり寄ってきている状況だ。
 安倍は北朝鮮の核武装化および韓国の北朝鮮寄りの姿勢で朝鮮半島が緊張化し、日本の安全が脅かされる事態を強力避けようと、金正恩に条件をつけない、国交正常化交渉を見据えた対話を呼びかけたり、北朝鮮との調整役を中国に期待している。こういう状況下で、香港問題は安倍にとっては迷惑な話になる。かといって、トランプが演説した内容は自由主義陣営の普遍的価値であり、誰も異を唱えることはできない。香港民衆の自由と人権が蹂躙されるようなことがあれば、アメリカは黙っていないし、日本もアメリカに同調せざるを得ない。そうなると関係改善が見えてきた日中関係はまたギクシャクした関係に戻る。こんな状況にならないように安倍は今必死に中国との良好な関係を作り、習近平に自重を求めようとしている。ただ、穿った見方をすると、トランプ演説は、アメリカが中国と国益を賭けた貿易・経済戦争をしているさなか、日本が中国とウィン・ウィンの関係を作ることをアメリカは黙っていないぞというけん制ともとれる。日本があまり中国に傾斜すると、アメリカは香港暴動が第二の天安門事件になるような動きを取るかもしれない。大統領選挙をにらんで、「自由」と「民主主義」を守るという旗印を掲げ、国内の保守層の支持を取り付ける。いつものアメリカのやり方だ。トランプも当然するだろうし、その環境は整っている。
 日本は、とういか安倍は、中国および北朝鮮とは穏便な関係のうちに首相任期を終えたいと思っているだろうし、トランプは、支持率アップのためには中国および北朝鮮、そして韓国との軋轢を厭わず、国民のナショナリズムに訴える可能性がある。朝鮮半島を舞台にした、日米の工作合戦の様相を呈してきたように見える。
 にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ


テーマ : 韓国について - ジャンル : 政治・経済

世界は「韓国疲れ」。世界の厄介者ですな。

 いま世界の外交ではKorea fatigueという言葉が使われだしている。いわゆる「韓国疲れ」だ。韓国が対日関係で、日本に対抗しようとするときや自国の主張を押し通そうとするとき、韓国の主張に賛同者(国)を作ろうとするときに必ず第三国を巻き込む。日韓間の問題を二国間で解決しようとせずにアメリカの仲介や国連の場を借りて、または各国を行脚して日本を批判する「告げ口外交」を展開し正当性をアピールするやり方だ。
 この第三国を巻き込むやり方はいまに始まったことではない。朝鮮半島が中国の属国として存立していたときから、いつも漢、明、元などの中国王朝に膝まづき、お伺いを立て、解決してもらってきた歴史だ。それは李氏朝鮮まで続いてきた。いや今も続いている。この中国に対する冊封体制の中で、自らの力で解決する努力を涵養することができなかったことが今に通じている。だから何事も当事者同士の解決を避け、第三者を引き込むことで相手より優勢になろうとする。そのためにとにかく大騒ぎをし、喚きちらし、泣き叫び第三者の関心を惹くことに専念する。第三者にすれば、「なんでそんなことこっちに相談するんだ」、「二者間で解決してくれ」、「いい加減にしてくれ」、「もう大概にしてくれ」、「勝手にしろ」、「うんざりだ」となり、これが「韓国疲れ」(Korea fatigue)となる。
 今の日韓間の問題も、国連の場や他の国際会議の場で韓国は自己主張しているが、これがまた稚拙な論理、演説で世界から失笑を買っていることに韓国は気付いていない。韓国に対して世界の反応は、「韓国人は物事を理性的に判断できるのか。まさに子供のけんかを見ているようだ」という評価だ。韓国が騒げば騒ぐほど、喚けば喚くほど、韓国国家の評価は下がる一方だ。これを、韓国国家の本来の評価に近づいてきていると見るべきだ。
 日本が、あまりに見事に韓国を近代化、発展させたため、韓国人が自力で発展したと勘違いして思い上がってしまった戦後の75年。ここらで本来の韓国の姿を取り戻してもらいましょうかね。しかし、冷静に自己を見つめることができないのが韓国人の国民病なんだよね。
 どうしようもないね。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ

テーマ : 韓国について - ジャンル : 政治・経済

海自観艦式に「韓国不参加」ではなく「韓国招待せず」だろ

 報道によると、10月14日に相模湾で行われる海上自衛隊の観艦式に、韓国軍が参加しないことが正式に決まった。日韓関係の悪化が影響したとみられ、防衛省が近く発表する。政府関係者が明らかにした。韓国海軍は昨年12月、海自機に火器管制レーダーを照射したうえ、事実関係を認めず、再発防止策も示していない。こうしたことなどを踏まえ、日本政府は韓国軍を観艦式に参加させるのは適切ではないと判断した。
 まっ、いいんじゃないの。韓国が参加しなくても観艦式は成立するんだから。2018年10月に韓国で行われた国際観艦式では、韓国が自衛艦に旭日旗の掲揚を認めなかったため日本は参加をとりやめたしね。お互いが必要としない姿勢でいいと思う。これからもずっとね。この件の報道ではどこも見出しが「韓国参加せず」や「韓国参加しない」になっているが、記事を読む限り、「韓国招待せず」のほうが当たっているんじゃないの?
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ

テーマ : 報道・マスコミ - ジャンル : 政治・経済