1. 無料アクセス解析

釜山の日本領事館前に慰安婦像設置、害務省事務次官が電話で抗議

  韓国釜山市が、日本領事館前の歩道に少女慰安婦像を設置した問題で、外務省の杉山事務次官は駐日韓国大使に、「昨年末の(慰安婦問題に関する)日韓両政府合意の精神に反するもので、極めて遺憾だ」と電話で抗議した。
  早かれ遅かれ、こういうことになるとは、日韓合意が発表された時から予測されていたが、案の定という感じだ。慰安婦に関する日韓同意に基づいて拠出された日本国民の税金10億円は、ドブに捨てられたようなものだ。安倍政権に損害賠償を求めたい気持ちだ。
  2011年にソウルの日本大使館前に少女慰安婦像が設置された時も日本は、ウィーン条約違反だといって「遺憾」を表明したが、いまだに状況は変わっていない。今回も同じように外務省は「遺憾」を表明しているが、それも電話での抗議だ。
  外務省としては、とりあえず「遺憾」を表明したから、外務省としての責任は果たした、あとは政府の問題でしょ、というスタンスのようだ。釜山の少女慰安婦像も、ソウルと同じようにこれから数年間は設置されるのかな。
  日本としては、「遺憾」を表明した以上、これ以上の対抗措置など考えていないだろう。所詮、事務次官が電話で抗議するような問題であるから、政府としてもそんなに重きを置いて考えていないということが分かった。
  従軍慰安婦問題をいくら国連の場で反論しようが、ウィーン条約違反と大声を上げようが、日本にとっては、駐日大使に電話で抗議するくらいの問題なのだ。これじゃ、この問題で日本が国際世論の支持など得られるわけないよな。
  そこまでされても、日韓通貨スワップをやろうとしている政府、自民党売国奴連中がいる。これを本当に実施するんだったらワシは、来る衆院選では自民党は支持しないことにしている。まっ、ワシの一票などなんの意味もないけどね。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 今日のつぶやき。 - ジャンル : 日記

高市早苗総務相ら女性閣僚、靖国参拝。やっぱり女は強いね。それに比べ男は・・・・。

18日、高市早苗総務相ら女性3閣僚が靖国神社の秋季例大祭に参拝した。参拝したのは高市総務相の他、山谷えり子国家公安委員長、有村治子女性活躍担当相だ。高市は例年、終戦記念日や例大祭に参拝している。一本筋が通っている。そしてなかなか度胸あるね。
それにしても、他の男閣僚はどう考えているのだろうね。政治の世界にも草食系男子(というよりはジジイ)、肉食系女子が主流になってきたのかな。
政治の世界で肉食系女子が増えることは歓迎だが、草食系ジジイは似ても焼いても食えんな。草食系ならまだしも、中国系、売国系ジジイたちだもんな。
肉食女子が食っちゃえ! 彼女たちでも食える代物ではない? 恐れ入りましたあーーーー。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村





社会・政治問題 ブログランキングへ

テーマ : 気になったニュース - ジャンル : ニュース

17日~20日、靖国神社秋季例大祭。安部さん、靖国参拝どうなってんの?

安部首相が総理になる前から言っていた、そして総理になった時にも意欲をもっていた靖国参拝が、ぱったりと言われなくなった。10月17日から20日は靖国神社の秋季例大祭だ。マスコミもまったく騒がないし、首相サイドもその気配まったくなし。靖国参拝、どうなってんの? なんか国民が踊らされて、梯子を外された感じがする。安部首相はよくやっていると思うし、これからも日本のために頑張ってもらいたいと支持しているが、靖国参拝だけはどうも、ペテンにかけられたような気持ちだ。来る中国でのAPECで日中首脳会談が行われるという観測もあるが、そうだとすると安部首相の靖国参拝は未来永劫ないと思うね。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村





社会・政治問題 ブログランキングへ

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : ブログ

「安倍首相はもう靖国に行かない。日中関係が進展すれば」。高村、中国要人に伝達。

 13日18:41のmsn産経ニュースを引用する。

  安倍首相はもう靖国に行かない」 高村氏「日中関係が進展すれば」中国要人に伝達
  2014.7.13 18:41[自民党]
  自民党の高村正彦副総裁が5月に訪中した際、中国側要人に「安倍晋三首相はもう靖国神社には行かないと思う」と伝えていたことが13日、分かった。 高村氏は5月上旬、超党派の日中友好議員連盟会長として訪中、中国共産党序列3位の張徳江全国人民代表大会常務委員長らと会談した。どの要人に対してかは明らかにしていないが、高村氏は会談で「首脳会談が実現し、日中関係が進展すれば首相が靖国神社に行くことはないと思う。安倍首相が約束することではないが、私はそう思う」と指摘した。相手側は聞き置いたとの反応だったという。高村氏は張氏との会談では首相の靖国参拝に理解を求めた上で、11月に北京で開かれるアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議の際の首脳会談を提案した。
                                                                       以上

  高村は安倍首相の総選挙の時の選挙公約でもあり、首相公選のときの公約でもある「靖国参拝」を、高村個人の憶測で、「参拝しないと思う」と中国共産党の要人伝えていた。いくら政府の公式会談ではないとはいえ、また個人の憶測とはいえ、政権与党の副総裁という立場を考えれば、相手は安倍首相の気持ちを代弁していると思うだろう。この発言が、安倍首相と事前に打ち合わせての結果であり、会談の場で、高村個人の憶測として表明することを安倍首相が事前に了承していれば高村には何も責められるところはないが、そうでないとしたらこれは明らかに安倍首相に対する宣戦布告、安倍下しだ。安倍首相に今後も靖国参拝をさせないための既成事実作り、外堀を埋めることを目的とした発言と見ることができる。
  高村の政治キャリア、立場を勘案すると、いくらこの発言が個人の憶測を表明したものとは言え、その影響の大きさは事前に予測できるはずである。にもかかわらずこの発言をした。つまり安倍首相の気持ちを伝えたとうことか。であれば安倍首相は、国民を欺いたことになる。いや今現在欺いていることになる。まさか靖国を1回だけ参拝して、「公約を果たしました」などと言わないと思うが、高村の発言どおりなら国民は国家詐欺にあったようなものだ。
  アベノミックス、TPP、安倍外交、拉致問題、対中関係、対韓関係など国民の支持があり、華々しい成果が期待されているが、この発言が真意だとすると、これらの成果を帳消しする暴挙になる。一方、これが首相の真意を確かめることなく、全くの独断で発言したのであれば、まさに謀反である。そして高村はそれをやりそうなのだ。安倍首相と高村を見ていると、織田信長と明智光秀を思い出す。もちろん前者が安倍で後者が高村だ。そうだとすると、安倍首相は何らかの対抗措置を執らなければけじめがつかないのではないか。
  ワシは5月8日の「高村、野田。ユーは何しに中国へ?」に書いているが、この時は「反省」だけを表明しに行ったのではなく、「靖国参拝はないと思いますよ」まで表明しに行ったのだ。高村は日中友好議連の会長だが、日本国民側から見れば、日本売国議員連盟の会長に見える。高村がいずれの立場で発言したかは定かではないが、この報道が出た以上、安倍首相にはしっかりと国民に説明する責任があると思う。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村





社会・政治問題 ブログランキングへ

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : ブログ

自己中心の中国、韓国。中華思想ってめでたいね。

9日のmsn産経ニュースを引用する。

「日本を危険な道に」 中国国連大使が批判
2014.1.9 07:54 [中国]

 中国の劉結一国連大使は8日、安倍晋三首相の靖国神社参拝を批判し、「彼は自分の国をどこに向かわせようとしているのか」などと語った。さらに「一つの国を大変危険な道に向かわせる誤った態度を繰り返させない」ため、国際社会が協調するべきだと主張した。国連本部で記者団に述べた。 劉大使は、国連は「新しい世代を戦争の災いから守るための組織」だと強調。靖国神社にまつられているA級戦犯は「人類を第2次大戦に導いた災いの一部」だと述べ、靖国に敬意を表することは国連憲章に疑義を唱えるものだと話した。

この記事をちょっと修正させていただく。
 中国の劉結一国連大使は8日、中国の海洋進出に対し、中国は自分の国をどこに向かわせようとしているのか」などと語った。さらに「一つの国を大変危険な道に向かわせる誤った態度を繰り返させない」ため、国際社会が協調するべきだと主張した。  -------------------------上に同じ---------------------------------靖国神社にまつられているA級戦犯は「中華人民共和国を独立に導いた功労者」だと述べ、靖国に敬意を表すると話した。

 この記事にしろ、パククネ大統領の年頭記者会見にしろ、中韓指導者の日本批判は、「そのお言葉、そっくりそちらにお返しします」的発言が多いなと思う。中国や韓国という国は、客観的に自分を見ることが出来ないんだろうね。すべて自分中心。まっ、これが中華思想だけどね。こういう姿勢で国家が運営できるんだから楽、というかめでたいね。
 まわりからどう見られているかということを意識することが、協調することになり、自制することになり、理性的判断を促すことになるのだけれど、こういうことを中国、韓国は考えないんだね。わかっちゃいるど・・・。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ

テーマ : 今日のつぶやき - ジャンル : ブログ