fc2ブログ
  1. 無料アクセス解析

林は日本が妥協することで、日韓関係を正常化したいようだ。林を一刻も早く更迭しろ!

 林芳正外相は9日午前、尹錫悦次期大統領の就任式に出席するため岸田文雄首相の特使として訪韓するのに先立ち、記者団に次のように語った。

 ・「今回の訪問を機に、日韓関係を健全な関係に戻すべく、日本の一貫した立場に基づいて韓国新政権と緊密に意思疎通を行っていく」
 ・「旧朝鮮半島出身労働者問題や慰安婦問題などによって非常に厳しい状況にある。しかし、これをこのまま放置することはできない」

 林は日韓関係が悪化した原因を分かって発言しているのか。韓国新政権と緊密に意思疎通を行っていくと言うが、日本は自己の都合、感情で韓国との対話を拒んでいるのではない。国家間の約束を守ること、国際条約を遵守すること、これら当たり前のことを韓国に要求しているだけだ。これができないなら韓国と交渉はできない、逆言えば、これらを遵守すると約束さえすれば日本はいつでも韓国と対話、交渉すると言っているのだ。ボールは韓国側にあると、事あるたびに言ってきた。林の言葉の裏には、日本側から韓国に対話を呼びかけるように聞こえる。日本から動く問題ではない。かといって逃げる問題でもない。静観でいい。岸田政権として、与党自民党として、ここを林にしっかりと念を押してもらいたい。
 また林は、徴用工、慰安婦問題など、このまま放置することはできないと言ったが、それを韓国側が言うなら分かるが、国家間の約束を反故にされ、国際法を無視されている日本が言う言葉ではない。日本側とすれば、この問題を妥協して関係改善を図るということは絶対にあってはならないことだ
 林は一刻も早く韓国と撚りを戻したい一心で、すぐにでも妥協したい心の内が見え隠れしている。岸田がこれを許すなら、来る参院選は自民党は敗北を覚悟しなければならない。そうならないためにも、与党自民党として、林の更迭圧力を強めることが重要だ。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ

スポンサーサイト



テーマ : 無法国家-韓国 - ジャンル : 政治・経済

韓国人にとって日本は、「好感が持てない国、協力できない国、信頼できない国」だって。よかったなー。

 韓国のソウル大学が、韓国の男女1000人余りを対象に「外国への好感度」を問う意識調査を実施した。日本は主要20か国のうち最下位。「協力すべき国」でも最下位、「信頼できる国」では中国を上回ったものの下から2番目という結果だった。つまり、韓国人にとって日本は好感が持てない国であり、協力する国ではなく、信頼できる国でもないというわけだ。
 驚きもないし、怒りもない。こちらが思っていることを相手も思っているということだ。いいんじゃないの。この傾向をもっと強めていってほしいと思う。
 好感が持てない、協力できない、信頼できない国と付き合う必要なんかないのだから、日本に仕事や観光、留学にくる必要もないし、ましてや貿易なんかできるわけないよね。さっさと日本から一切合切引き上げないと大変なことになりますよ。在日の方にもしっかりと説明して、本国に帰国するよう働きかけてくださいな。そして、親日の政治家を叩き潰し、日本と断交するよう政府に強烈に働きかけてください。おねがいしますね。それが韓国の為でもあり、日本の為でもありますからね。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ

テーマ : 無法国家-韓国 - ジャンル : 政治・経済

日韓関係が最悪になる。いいじゃないか、それが日韓の正常な関係だ。

 来年3月に行われる韓国大統領選の有力候補である李在明(イ・ジェミョン)は「反日政治家」として認識されている。李在明は日韓の過去史は清算されていないというのが持論で、「日本はまず謝罪を」からすべてを始める。
 その李在明が次期大統領になったら日韓関係は最悪と懸念する声もある。しかし、ワシは李在明が大統領になってもらいたいと思っている。日韓関係が最悪どころか、それが日韓の正常な関係であり、最良の関係と思っている。
 日本にとって、目の前をぶーんと飛びまわる小蠅(こばえ)がいなくなればどんなに気持ちが晴れることか。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ

テーマ : 無法国家-韓国 - ジャンル : 政治・経済

韓国の言う「未来志向」など信用できない。

 韓国の文在寅大統領は11日、「新年の辞」を発表した。韓国では元慰安婦の女性らが日本政府を相手取った訴訟で、8日にソウル中央地裁が日本政府に賠償支払いを命じたばかりだが、文氏はこれには触れなかった。日本との関係に関しては、「未来志向的な発展のためにも引き続き努力していく」との従来の姿勢を示すにとどまった。
 ワシは、この「未来志向」という言葉が大嫌いだ。この言葉は金大中元大統領が言ったのが最初と記憶しているが、これ以降日韓は、事あるたびに「未来志向の日韓関係」という言葉で両国間の懸案を処理しようと言い続けてきたが、言葉とは裏腹に、日韓関係は悪くなるばかりだ。「未来志向」という言葉の意味が、日韓で違うと思わざるを得ない。未来を見る目のついているところが違うのではないか。日本人は顔についているが、韓国人の目は実は後頭部についているのではないか。だから韓国人は後ろの方、過去しか見えないのではないかと思う。現代のずっと後ろの方にある李朝時代が、未来に見えるのかもしれない。
 もうこの言葉、「未来志向」の使用はやめてくれと言いたい。この言葉には中身がない、聞けば反吐が出そうだ。言うなら「日本思考」という言葉に替えてもらいたい。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ


テーマ : 無法国家-韓国 - ジャンル : 政治・経済

韓国要人来日。イの一番に二階に会う。ホワイト国に戻してくれ。 よし、わかった?

 韓国情報機関、国家情報院の朴智元院長が8日から訪日している。朴氏は、日韓関係を重視した故金大中元大統領の最側近で、知日派として知られる。滞在中に自民党の二階俊博幹事長や、滝沢裕昭内閣情報官と会談する見通しという。北朝鮮問題などの国際情勢のほか、元徴用工問題で対立する日韓関係も議題となる可能性がある。
 韓国が一番に頼るのが二階ということは昔から変わりはない。二階に相談すれば何とかなる、何とかしてくれるという期待がもてるからだろう。二階との会談ではホワイト国除外が話題になるだろうことは想像に難くない。ホワイト国に戻してくれと言う懇願が一番の訪日の目的ではないかと思う。これを懇願されて二階は、菅首相にどのようにそれを頼むのか。今後の菅首相の発言が注目される。
 それにしても、今回訪日した朴智元院長は知日派と言う触れ込みだが、だから何なんだ。これまでも知日派と言われる人物は何人も訪日して、日本の首脳と会談してきたが、日韓関係が好転はしてこなかった。知日派と言わえれる人物が必ずしも親日派ではないということと、彼らは韓国国内で何の力もないということだ。
 日本との外交の重要性を鑑み、今の日韓関係を改善しようと、彼らが韓国で運動しているということはない。いくら知日派といったところで、所詮は文在寅政権側の人間なのだ。こういう連中が望む日韓関係改善など日本は望んでいないということを、日本から何らかの形で示すことが重要だ。本来ならそれを二階が仕切らなければならないと思うが、その二階が韓国に物が言えない、というか韓国の言いなりになることが日本にとって大問題だと思う。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ

テーマ : 日本を憂う - ジャンル : 政治・経済