1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マグロ、カツオにつづいてサンマも食べられなくなる。 自業自得か?

  昨年は記録的なサンマの不漁だったそうだ。日本の昨年のサンマ水揚げ量は前年比50%減。少なくとも過去34年間で最低となった。この原因は海流の影響などもあるが、乱獲の影響も指摘されている。中国、台湾の漁船が公海で乱獲しまくっているという。海上保安庁は日本の漁場で漁をしないよう三陸沖のEEZ周辺の監視を強化する。ヘリコプター搭載型巡視船の建造を前倒しで予算計上したり、監視能力に優れた巡視船の整備を進める方針だ。
  外国船による乱獲。これで日本の魚を食する文化が脅かされている。日本食がユネスコの無形文化遺産に登録されたことと、昨今の日本食ブームもこれに拍車をかけていると思われる。日本食イコール、ヘルシーという評判が、動物性タンパクを肉から摂取していた西欧人が、魚からも摂取するようになってきた。元来、生魚を食する文化のない中国人がいまや膨大にスシを食いまくっている現状もある。
  スシはいまや世界食になっていて、トロに代表されるマグロは世界で急激に生息数が減っている。その結果スシネタ用のマグロの価格が高騰してきている。日本人でも気軽にトロを食べられない。絶滅危惧種にもなりそうな勢いだ。これも乱獲が原因だ。また、日本食の基本である出汁が世界の注目を浴び、カツオ節、削り節の需要が高まっている。カツオ節は表面にカビを培養しているからEU域内は輸入ができない。そこで鹿児島指宿の鰹節製造業者がフランス国内に鰹節製造工場を建設するという。このようなことは、中国、東南アジア、南米などにも波及するかもしれない。世界中で鰹節が生産され、日本人が使う鰹節や削り節がほとんど輸入品という時代もそう遠くはないであろう。
  カツオは日本では資源管理の観点から一本釣りで捕獲しているが、外国では巻き網でごっそり捕獲することになるだろうから、カツオも乱獲で絶滅危惧種になることは時間の問題だ。そして、庶民の味、サンマが同じような道を辿ろうとしている。日本人が太古から育んできた魚を食する文化は、近い将来にはクジラのように、世界の管理下に置かれることになる。日本人が自国の考えで自由に漁ができなくなるということだ。
  世界的な日本食ブームとしてスシ店や和食レストランが世界に進出し、一方では本場の味を堪能するために世界からは多くの観光客が来日し多額の金を落としている。しかし、その喜びも束の間、日本人自身が、漁獲制限された魚及び輸入された高い魚を食べなければならない時代が迫っていることに、はたしてどれだけの国民が気づいているのだろうか。
  ごはんよりもパンを食べる人間が多くなったように、魚を食べない人間が人口の過半数を占める時代が来るのかなと思うと、ある意味恐ろしく思う。こうして文化は廃れていくのだろうね。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたい事 - ジャンル : ブログ

仏像は盗まれるわ、城は汚されるわ。空気も汚されるわ。特ア注意報発令中。

  4日には京都の、苔寺として有名な西芳寺で、安置されていた阿弥陀如来像が盗まれたとニュースになったばかりだが、実は、今年2月には世界遺産である二条城にも廊下など20箇所に油のようなものがスプレー状に吹き付けられる被害がでていたことが明らかになった。日本の文化財に対する棄損行為と見られる。
  こういう事件があると、か、いやいやどこの国の人か分からんが、すぐにある特定の国を想像してしまう。日本の文化財を盗んだり、傷つけたりすると英雄扱いされる国があるという。法律でも有罪にならないらしい。か、いやいやどこの国の人かは分からないが、公共心など持ち合わせている民族ではなく、その民族特有の精神病を持っている。聞くところによると、この精神病は、すぐにカッとなり、見境がなくなって、自分が何をしているのかも記憶にないという。しまいには、刃物で自分の腕や腹を刺したりするらしいよ。ここまでならなくても、みんな喚き散らし、謝罪しろというのが癖らしい。特定の国の国旗を破いたり、燃やしたりする人も少なからずいる。
  犯人は、か、いやいや誰だかわからないが、はやく捕まってほしいよねー。か、いやいや、特定の人の入場を断れば、こういう窃盗や器物損壊はなくなるかもしれないね。こんなニュースいやだね。いったい誰だろうねー、本当に。か、いやいや犯人、早く捕まれ! このバカタレが!
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ

テーマ : 伝えたい事 - ジャンル : ブログ

あーあ、また仏像が盗まれた。いったい誰なんだろうねー。

msnニュースより引用する。

  世界遺産「苔寺」で茶室の阿弥陀如来像盗難か
4日午前8時頃、「苔寺(こけでら)」として知られる京都市西京区の世界遺産・西芳寺で、茶室に安置していた阿弥陀(あみだ)如来像がなくなっているのに男性住職(67)が気付き、最寄りの交番に通報した。京都府警西京署が窃盗容疑で捜査している。同署によると、仏像は高さ約28センチ、幅約16センチの木製座像。茶室が建てられた1928年頃から同寺にあるが、制作時期、作者とも不明で、文化財指定は受けていないという。住職が最後に仏像を確認したのは3日午前8時頃。同寺の拝観は予約制で、同日も午後4時までに約200人が訪れた。同署は4日朝までの間に何者かが持ち去ったとみている。同寺は境内の地面が一面コケに覆われていることで知られ、庭園は国の史跡、特別名勝に指定されている。

こういうニュースを見ると、また○○人かと思ったりする。いまのところ犯人はだれか分からないが・・・・。この阿弥陀如来像も、もうすでに出国しているのかなー。あちらに行ったら、名誉棄損で出国禁止になるかもね。あっ、阿弥陀様は心の広い方だから、人の名誉を傷つけることなどしないよね。しかし、この阿弥陀様が日本に帰って来られる見込みはないだろうね。これもまた拉致事件といっていいと思うね。あの国は儒教の国というけど、人のものを盗むのは悪いことではないようだ。むしろ、日本のものを盗むのは良いこととして国民に喜ばれるらしい。向こうの法律でもそうなっているそうだ。仏様を盗むなどしたら、「罰が当たる」と思うのだが、そういう発想がないあちらの人は、いったい何で自分を律しているのだろか。道徳や倫理といった言葉自体がないのかな。もう日本人と全然違う異次元の人たちだね。こんな人たちと友好なんてできっこないよね。苔寺の阿弥陀如来像を盗んだ人は、誰かわからないが、阿弥陀様の天罰が下ればいいね。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ

テーマ : 気になったニュース - ジャンル : ニュース

日本ではだれも支援しない、加藤前ソウル支局長の出国禁止問題。

韓国のソウル行政裁判所は13日、産経新聞の加藤達也前ソウル支局長の出国禁止措置を解除しない決定を下した。これで加藤氏は今年の4月15日まで韓国を出国できないことが確定した。この問題ではたびたびこのブログでも取り上げてきたが、韓国という国の幼稚さというか未熟さを改めて思い知らされる。
この問題は日韓の外交問題に発展しているというが、日本は韓国にどんな対抗措置を講じているのか。「人道上、大きな問題だ。韓国側に懸念を伝える」、「民主国家としてあるまじき行為だ」といったところで、何の解決策になろうか。この問題で日韓の外交が停滞しているのではない。李明博前大統領時代の竹島不法上陸、天皇謝罪発言、慰安婦問題、戦時徴用工賠償訴訟など、民主党政権の時から停滞していたのだ。その一方で、自民党総務会長のエロ黒三階が、日韓国交正常化50周年を記念する観光関係の行事に参加するめ民間人1400人を帯同して訪韓している。おまけに安部首相の親書まで携えて。言論の自由、報道の自由、ジャーナリストの人権よりも観光のほうが大事らしい。加藤氏の出国禁止という不当な拘束を考えれば、いくら民間交流とはいえ、この時期に大挙して韓国を訪問することに自粛を求めるのが政府の仕事ではないか。それが日本のとる対抗的措置にもなる。自民党からも何故エロ黒三階に自粛要請しなかったのか。少なくともエロ黒三階は韓国には行くべきではなかった。だいたい自民党は、この加藤氏の出国禁止という韓国政府の措置をどう考えているのだ。この問題を真剣に考えているという姿勢がまったく見られない。まっ、一人を犠牲にしても、日韓の貿易、観光が盛んになることのほうが実入りがいいと考えていることは分かるがね。これが民主党政権だったら、何らかの外交、経済措置をとっているだろうよ。
  産経新聞も気の毒だね。日本の同業者からも見捨てられ、政府からも真剣に取り組んでもらえず、応援してくれる政治家もおらず、本社ビルの前で「I am Tatsuya」と叫んでくれる人もいず、そんなに嫌われているのかね。ワシは産経支持者であるが、ワシには力もないしな。お気の毒としか言いようがないよ。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ

テーマ : 伝えたい事 - ジャンル : ブログ

広島のカキ船移転問題で、「日本イコモス国内委員会」は一体何様か!

  牡蠣といえば広島と答えるほど、牡蠣は広島を代表する海産物だ。この時期はまさに牡蠣鍋や牡蠣フライといった牡蠣料理のシーズンだ。また広島市の都心部には、大きな川が4本流れている。いずれも大田川の支川で、川幅といい、そのゆったりとした流れといい、公園の緑の中を遡上していく観光船の光景は、ここはヨーロッパかと錯覚するほど落ち着いた街の風情を醸し出している。広島が水の都といわれるゆえんである。この景色をみていると、ここが70年前に、人類史上はじめて投下された原爆の爆心地とは想像ができない。
  原爆投下の象徴である原爆ドームは大田川本川と支川である元安川の分岐点にあるが、この元安川を下流に約700m下ると、左岸側に牡蠣料理で有名なカキ船が浮かんでいる。この向かいの右岸側にも同じようにカキ船が浮かんでいる。カキ船とはいっても、小さなフェリーボートの2皆部を料亭に改造したような船である。堤防の遊歩道と料亭の2階入り口が直接つながっており、厨房は船倉の1階にある。ワシは仕事で広島に3年いた。カキ船が係留されている元安川の堤防遊歩道が会社への通勤経路だった。行きは左岸堤防を、帰りは右岸堤防を、歩いて通っていた。路面電車が通る相生通りから、川沿いに原爆ドーム、平和公園、カキ船「かなわ」に至る、木立の中の遊歩道は心を和ませたものだ。しかし今、このカキ船「かなわ」が騒々しくなっている。
  「かなわ」は治水上の問題から、現在の位置より約400m上流の左岸に移転する予定になっていた。移転する予定の場所は、対岸に被爆建物の平和記念公園レストハウスがあり、周辺には慰霊碑が点在する。河川管理者の許可も得ているし、広島市などで構成する「水の都ひろしま推進協議会」も、「カキ船は広島の文化」などとして移転を承認している。これを受けて「かなわ」は新船の製造にも取り掛かっている。そこに、予期せぬところからクレームがついた。
  世界遺産などの文化財保護に関わる「日本イコモス国内委員会」(東京)「鎮魂の精神が失われる」などと判断し、市に移転再考を求めたのだ。この団体はこれまでにも、世界遺産「春日山原始林」に隣接する若草山(奈良市)でモノレールを建設する構想が浮上した際、「世界遺産指定地区の保護を軽視している」と厳しく指摘して、構想自体を白紙に戻したこともあった。自然や文化財を保護するには、その歴史的背景や保護の手法、景観など、その場にふさわしい保護の在り方が求められることは言うまでもない。しかし今回の指摘は、「鎮魂の精神が失われる」というもの。この騒ぎを聞きつけて、今度は地元が「かき船問題を考える会」を結成し、広島市に再考を求める署名活動を行う方針を決めた。カキ船の移転問題が何か変な方向に行きそうな雰囲気だ。
  イコモス言い分としては、「かなわ」の移転は、「平和を願う場としての精神性を低める可能性がある」というものだ。船の移転が、営業職種や色彩、形、景観との調和などといった問題ではないところで反対されている。しかし、「鎮魂の精神」や「平和を願う精神性」などは、個々人の心、内面の問題であり、それの表現の仕方も、人それぞれである。「日本イコモス国内委員会」は、人の精神をどのように判定するつもりなのか。「これが鎮魂の仕方だ」とか、「これが平和を願う精神性の標準型だ」というものを示すつもりなのか。
  イコモスは原爆ドームをアウシュビッツと同じような遺産にすると息巻いているが、そもそもイコモスという団体は施設の設立趣旨、維持方針までも決定できる団体なのか。原爆ドームおよび平和記念公園は、特定のイデオロギーを排して、全ての人々が、それぞれのやりかたで平和を祈念する場でいいではないか。精神という個人の内面までも規制しようという施設になるなら、そんな世界遺産はいらん!
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ

テーマ : 気になったニュース - ジャンル : ニュース

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。