FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

小沢一郎はもはや、自民に対する「恨」しかない。これだけで生きている。

 立憲民主党の小沢一郎が、忙しくツイッターを発している。3月30日は朝から4連発だった。時系列的に要約すると
 1.自民党政権が破壊し続ける日本の「良識」。政治が良識を失い、最後は、選挙における国民の良識にかかっている。
 2.感染が再拡大しているというのに政府は専門家会議さえ開こうとせず、目下聖火リレーで五輪の雰囲気を盛り上げるのに必死。無為無策を継続。現状分析と国民への見通しの説明が必要不可欠。
 3..国民の目を情緒的なものに逸らすことで、深刻な現実、物事の真相を隠蔽。やりたい放題。国民の命の重さに対する認識の欠如。
 4.全国の飲食店からは、「もういい加減にしてくれ」という声が圧倒的になりつつある。中途半端な緊急事態宣言。検査、対策、説明。全てを変えないと、これがあと何年続くかわからない。

と、まあこんな感じだ。緊急事態宣言を続けろと言っているのか、解除して経済を回せと言っているのか、ワクチンを接種するまで、国民は我慢しろと言っているのか。結局のところ、小沢は政府に何をしろといっているのかさっぱりわからない。
 はっきり言えることは、「最後は、選挙における国民の良識にかかっている。」と言っているから、来る衆院選で、自公政権に負けるようなことがあれば、「自公に政権を託す国民はバカだ」と言っていることになる。
 小沢は、政策がどうのこうのと言う批判よりも、自民がとにかく憎い、韓国的に言えば「恨」ただそれだけが小沢を動かしていると言っていい。
 自民が、安倍が、菅がと批判をする前に、おまえが、今の立場に置かれたのは何なのか、何が原因だったのかを、頭を冷やしてよーく考えてみろ!
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ


スポンサーサイト



テーマ : 低レベルの国会議員 - ジャンル : 政治・経済

小沢一郎は、政府を批判する前に、政治家として己の国家観を表明することが先だ!

 小沢一郎は、現在立憲民主党に在籍しているが、小沢一郎という政治家の思想として確認しておきたいことがある。
 中国が海警法を施行し、尖閣沖合の日本の領海に公然と公船を浸入させ、日本の漁船の漁を妨害している。この事について小沢は政治家としてはっきりと己の考えを表明してもらいたい。

 ・中国が海警法を制定したことをどう思うか
 ・中国海警察船の領海侵入に対し、日本政府が執るべき措置は
 ・尖閣諸島は歴史的に日本固有の領土だが、これを領土問題にしないために日本政府がやらなければならないことは何か

 小沢一郎は何事もはっきりと政府、首相に物申すから、これくらいのこと容易く表明できるよね。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ


テーマ : 売国奴、工作員、スパイ、国賊 - ジャンル : 政治・経済

小沢一郎はますます「韓国人化」している。

 立憲民主党の小沢一郎衆院議員が7日、公式ツイッターを更新している。
 日本学術会議が推薦した新会員候補6人の任命を菅義偉首相が拒否した問題などを受け、「美しい国どころか、恐ろしい国へ」と憂慮した。小沢は「この人物は総理に批判的なので教授にはしません。この人物も政府に批判的なので学長にはできません。そんな国まであと一歩。美しい国どころか、恐ろしい国へ」と危惧。「安倍政権以降、この国はどんどん悪くなりつつある。問題は、国民が政治の腐敗に慣れつつあること」と指摘し、「最終的に政治のレベルを決めるのは、国民」と呼びかけた。
 もとから、この男には「知性」が感じられないが、このツイッターを読んで、改めてそう思った。小沢も一応は大学を出ているようだから知っていると思ったのだが、大学には「大学の自治」がある。だから警察さえも自由に大学に立ち入ることができない。まっ、大学に入る能力もなく金や裏口から入れてもらった人間には、こんな言葉さえ知らないのかもしれないが、小沢はそうでないことを望む。
 教授は大学の教授会が設置する選考委員会で選考しているはずだし、学長は学内選挙および選考委会議の議を経て選出されている。国家権力が教授の選考、学長の選出に介入した、およびその兆候が見られるのなら、具体的な事例を明らかにしてほしい。それは学術会議会員候補の任命拒否どころの問題ではない。単なる思い付きでツイートしているのなら、韓国のように、公共の電波で「嘘」を拡散することは止めてほしい。現在ワシはそういうニュースに接したことがない。
 最近の小沢の発言を見ていると、この男の頭にあるものは「恨」だけだ。自民党に「恨」、安倍晋三に「恨」。この感情だけで政治家をしている。
 小沢も「韓国人化」しているなと、改めて思う。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ

テーマ : ゲス議員は日本に必要ない! - ジャンル : 政治・経済

立民の小沢は、気合で政権を取るらしい。政策は「気合だ、気合だ、気合ダー」だってよ。

 BSのテレビ番組に、立憲民主党の小沢一郎と共産党の志位和夫が出演し、「次の総選挙で絶対に政権交代を実現する」(小沢)、「次の総選挙で政権をとる」「共産党も含めて新しい政権をつくる」(志位)と述べ、野党連合による「政権奪取宣言」をぶち上げたとのこと。
 志位は委員長という党代表だから、政権奪取宣言するのはいいが、立民の小沢はどういう立場で宣言を出したんだろうね。枝野と志位が握手して宣言出すのはわかるが、小沢がねー。
 小沢は、立民を動かしているのは俺だと言いたいのだろうね。影の党首気取りですな。政党支持率の意味が分からないようで、気合だけで政権を奪取しようとしている。気合で政権取れるなら、元プロレスラーのアニマル浜口を選挙に出すべきだろう。気合だ!気合だ!気合ダー!!」、これ以外は何も言わなくていい。これだけで選挙が戦えるよ。
 ほんのわずかな可能性に懸けるなら、小沢が総選挙前に国会議員辞めることだね。少しは支持率上がると思よ。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ

テーマ : 立憲民主党 - ジャンル : 政治・経済

「壊し屋小沢」は「国民民主党」までも壊した。まず、自分の体から壊せ!

 立憲民主と国民民主の合流、いつものようにごたついている。当初、国民民主代表の玉木が立憲民主との合流を積極的に進めていたので、合流はすんなり行くと思っていた。ところが、いざ合流となると玉木は合流しないと言った。基本政策が一致しないからだという。しかし、そんなこと合流問題とは関係なしに分かり切っていたはずだ。
 立民、国民の合流後の政党名で一致を見ない状況だったので、まさか基本政策の不一致という根源的な問題が横たわっていたとは思いもしなかった。玉木は合流で何をしたかったのかまったくもってわからない。立民に合流しなかっただけ、少しはまともな政治家ではあるが、今回の騒動の質を思うと、ちょっと次元が低すぎではありませんか。
 合流できなかった原因の多くが玉木にあるとは思はないが、むしろ玉木は踊らされた側だったのではないかと思う。それは国民民主の小沢が、反安倍勢力を結集しようと数だけの合流を目論んだからではないか。小沢にすれば、政策のすり合わせよりも、まず安倍政権を終わらせることが第一だ。それには今の自・公に対抗できる数の集団が必要となる。自・公にも反安倍勢力はいるから、これを野党に結集できれば安倍政権を終わらせることができると踏んでいた。それができれば、政策のすりあわせはそれからでもいいというのが小沢の考えだ。しかし、玉木は、いくら反安倍といっても、政治家の良心が働いたのか、共産党と組むことに躊躇したようだ。そこが合流を思いとどまらせた原点だ。
 ここでも「壊し屋小沢」がシャシャリ出てきて、安倍政権を壊すどころか、自党の国民民主党までも壊してしまった。この人間はもう政治家としての需要はない。黒幕としての才覚も人望もない。いまや安倍晋三という個人に対する私憤をもって政治に介入しようとしている。
 こういう悪性腫瘍は早く切除しなければならないが、そこまでするまでもなく、悪性腫瘍は着実に進行していて、そのうちに自分で自分の体を壊すことになると思うよ。それが本人も本望だろう。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ



テーマ : 政治家 - ジャンル : 政治・経済