1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春の陽を浴びて、ぼんやりと明日を思う

 今日は、待望の春日和で、ワシも家でゴロゴロするのをやめて、ぶらりと散策に外に出た。風が少し冷たっかったものの、心地よかった。桜が9分咲であったが、団地下の小学校の校庭の桜は満開だった。やっぱり桜はいい。この季節が一番好きだ。
 小学校を過ぎると、田んぼが広がっている。農家が代掻き(しろかき)の前の田越しを始めていた。その中に、トラクターに乗った親子がいた。ハンドルを握っているのは、高校を卒業したばかりに見える男子だ。男親がトラクターのステップに立って運転を教えている。進んでは止まる。親は身振りでギヤーの入れ方、ハンドルの切り方、たまにはトラクターから降りて、起こした土の塊を手に何かを子供に教えている。この子が農家を継ぐのか、これから父親の手伝いをしていくのか知らないが、微笑ましい光景だった。
 ワシの父親は終生会社員だったため、父親と共同で仕事をした経験がない。父親の実家は農家だったが、次男でもあり、兵役にも出た関係上、ほとんど農業の体験がないといっていた。ただ兵役に出るまでの数年間、林業に従事して、山のこと、木のことは詳しかった。ワシが小さいとき、家族で山にキャンプに行ったときに、テントの張り方、薪の切り方、火の付け方などを教えてもらったが、そのときの父は生き生きとしていた。それ以降、父親と共同作業したことは記憶にない。
 いま、遠目に、トラクターを操作する親子がいる。家庭環境、親子関係までも見えるようで、今日の陽光のようにほのぼのとした気分になった。と同時に羨ましさもあった。長男は会社員になってまる2年が経ったが、長男が就職するときには、何の躊躇もなく会社員になるものだと思っていた。しかし、この親子を見て、親子で仕事をするのもいいなーと感じた。これも、就職の一つの型だ。そしたら、ワシに何ができるかのー。逆に、息子が仕事を手伝ってくれと言ったらどうするかのー。
 春の陽光を浴びて、ぼんやりと将来を考える一日だった。
スポンサーサイト

テーマ : 生き方 - ジャンル : ライフ

大人が手本を示す

 朝、横断歩道で信号待ちをしていた。
 幅5mくらいの道路で、通る車もない。
 普段なら左右を確認して、赤信号で渡っていたであろうが、今日は時間的に余裕があったので信号待ちをしていた。向かいには保育園に行く母子が立っていた。ワシは信号無視をしなくてよかったと思った。その矢先、ワシの横を若いサラリーマンが足早に道を横断していった。ワシもつられて横断しそうになったが思い留まった。
 その子は3才くらいか。親からも、保育園でも、赤信号は止まりましょう、青信号になって渡りましょうと教えられているはずである。その子の前を、信号無視した大人が通り過ぎた。
 この子はどんな気持ちで信号を待ったのだろうか。母は子に対し、どんなふうに話をしたのだろうか。その大人を反面教師として子供に教育するのか、単に、そういう人もいると話をするのだろうか。
 三つ子の魂百までということわざがあるが、大袈裟にいえばこの時期の体験は、この子の生き方に関わってくるかもしれない。そう考えると、この子の前できまりを守った自分は、大人の責任を果たしたような気になって、ちょっといい気持ちになった。
 朝がすがすがしかった。

テーマ : 子育て - ジャンル : 育児

トラックバックテーマ 第1382回「車での座席はどこが一番好き?」

ワシはやっぱり助手席だな。
後ろ座席よりも広くて、背中を倒して寝れるからね。
景色もよく見えるし、ドライバーと話もできるしね。
後ろ座席は、騒音でドライバーの声がきこえないんだよ。

テーマ : ドライブ - ジャンル : 車・バイク

トラックバックテーマ 第1380回「あなたの目はどんな形ですか?」

 ぱっちりと二重まぶたです。しかし目は慢性結膜炎でいつも充血しています。
 小さいとき、祖父母に「目千両」と、良くいわれていましたが、中学生になってその意味がわかるようになりました。
 中学生のころクラスの女子に、「目を交換してくれない?」なんて冗談言われていましたが、「1つ51円、2つで102円ね。」なんて返していましたよ。
 人生も折り返し点を過ぎ、いつもぱっちりとはいかなくなり、まぶたの重さを実感しています。視力は年の割にはいいほうですが。
 
 

テーマ : 心と身体 - ジャンル : 心と身体

レバ刺食べる?

昨日、会社の同僚の女性2人ともつ鍋を食べた。この店はワシは2回目だったが、前回はかなり出来上がった状態で入ったために味はよく覚えていなかった。ただ美味しいとか何とかワーワー言って食べていたことは記憶している。連れの女性も、もつ鍋が好きだということで共に鍋をつつくことになった。
もつ鍋が好きだという女性も多いが、一方でホルモンや刺身などの生魚はダメという女性も多い。気持ち悪いとかいって料理すらしない女性もいる。しかしここにいるやや若い女性は違う。健康的だ。よく食べる。にんにくが入っているから明日臭くなるねというと、「全然平気。」といってパクパク食べている。女性はこれでなくっちゃ。メニューを見るとレバ刺しがあった。昨年の食中毒事件でもう食べられなくなったと思っていたら、ここにはそれがある。「食べる?」と聞くと、「いいですね。」ときた。ちょっと気持ち悪い、生レバーはダメという返答が来るかとおもっていたらこれだ。何も臆することなく食べだした。1皿を2人で均等に食べていたが最後の1切れを残している。「食べていいよ。」というと「あっ、そうですか。」といってはしを伸ばし挟んでパクッと口にいれた。どちらの女性が食べたか思い出せないが、この健康さがいいね。だからともにどっしりといい体格をしている。健康的という意味で。 
 最近の若い女性は生肉や生魚を気持ち悪いといって食べなかったり、料理すらしなかったり、好き嫌いが多かったりと、食に対する意識が低い。食の健康よりもスリムになりたいという見栄えのほうを重視する傾向にあるように思う。そういう意味では食育は大事なことだと考える。しかしその昔、女性に家事を分担させるのは女性差別だ、「私作る人、ぼく食べる人」というカレーのCMが女性差別だとフェミニストが騒ぎだしCMの世界ではカレーは男が作るものになってしまった。男も料理しろというのにワシは反対しないが、というかワシは料理が好きなのだが、女性が料理にあまり興味を持たなくなったことは由々しき問題だと思っている。女性が健康でいることが幸福の原点とワシは考えるのじゃが、そのためには何でも食べる、よく食べることだ。前にいる2人のように。
 そして鍋はきれいになくなっていた。

テーマ : 牛肉料理 - ジャンル : グルメ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。