1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安倍ちゃんでよかったね。

  それにしても日本の対応も変わってきたなとつくづく思う。釜山に慰安婦像が設置されて、日本はすかさず駐韓大使と日本総領事を一時帰国させた。ワシも少々びっくりしたが、所詮1週間もすれば大使らを帰任させると思っていた。日本が抗議しているという姿勢を見せるために演技をしたと思っていた。韓国も、どうせ何日かすれば日本は大使らを戻すと思っていたはずだ。当然だろう。これまでの日韓の外交交渉をみると、最初から日本が土下座して謝るか、「極めて遺憾」と形だけの抗議をして、あとは何もなかったかのように振舞うか、金で解決するか、だいたいこのパターンで問題は収束していた。だから韓国は、日本の足元を見て、どんどん要求をエスカレートさせてきた。今回も、釜山に慰安婦像を設置すれば日本はあわてて、日韓合意の見直しに応じるかもしれないとタカをくくっていた。ところがどっこい、安倍首相は毅然として一歩もひかない。大使の帰任が半年後になろうが、一年後になろうがかまわないというスタンスだ。この問題は韓国にボールを投げている。韓国がどう動くか、静観の構えだ。
  今、韓国は、反日という挙げた拳を下ろせない状態になっている。しかし、考えてみれば、日本の韓国に対する対応、やっとこういう状態まで漕ぎ着けたなと感慨深い。安倍首相が慰安婦日韓合意したことにワシは反対だった。ましてやそれに10億円という、実質国家賠償を支払らったことにも、「あー、またか」と落胆した。その後、韓国がソウルの慰安婦像を撤去せず、日本も口先だけで抗議している状態だったから、「安倍政権も、これまでの自民党政権と変わらないね」と失望していた。しかし釜山の慰安婦像の設置で、安倍ちゃんも堪忍袋も緒が切れたのか、やっと主権国家らいく毅然とそして強烈に抗議した。今回の安倍首相の対応に国民の多くが溜飲を下げた。
  この対応でこれまでと一番違ったことは、大使を早期に帰任させるべきという、政府及び与党からの声を上げさせなかったことに尽きると思う。こういう問題があれば、これまでは特に親韓派売国奴議員が政府をけん制し、安倍下ろしになり、政局に発展させるというのが非主流派のやり方だったが、今回はそれをシャットアウトした。安倍首相が本当のリーダーシップを発揮した結果だ。
  やっと韓国に堂々と物を言い、毅然とした態度を示すことができた。隔世の感ありだ。これが正常な国家の姿だよね。安倍ちゃんでよかったね。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 韓国について - ジャンル : 政治・経済

はぁ? 韓国のマスコミがよく言うよ。

  釜山の日本総領事館前に新たな慰安婦像が設置されて、日本が対抗措置として、駐韓大使および釜山日本総領事を一次帰国させたが、それが無期限になりそうだ。安倍首相は早期に帰任させる必要はない、ボールは韓国側にあると静観の構えだ。
  これでいい、多くの日本国民も安倍首相の判断を支持している。日本側の強い意志と毅然とした態度に狼狽する韓国では、マスコミがほんの少しだけ正気を取り戻している。大手メディアの朝鮮日報(電子版)は社説として「韓国外交、『親日』『売国』批判だけでうまくやれるのか」とする記事を配信し、「短絡的な批判が幅を利かせている」と感情的な反発に苦言を呈する指摘もしている。何を言っているんだ! 「親日」、「売国」批判で国民を炊きつけ、反日世論を誘導し、政府を反日に動かしているのは他ならぬマスコミではないか。よくもまあシャーシャーと「韓国外交、『親日』『売国』批判だけでうまくやれるのか」などと言えたもんだ。あきれ返った。
  韓国政治はいつの時代でも国民感情が最優先される。ポピュリズム、衆愚政治を研究するなら韓国は絶好の教材になる。豹変する韓国のマスコミの姿勢には韓国人の性向が見て取れる。反省もないし、責任を痛感することもない。原因は常に自分たち以外のところにあり、善良で正直者の韓国国民はいつも原因者にいじめられ、屈辱に耐えてきた。そういう過去を持つ国民だからこの際自分らの権利を主張してもいいだろうという甘えだ。そこには法治、常識、自制という概念がすっ飛んでいる。日本人の思考とあまりにかけ離れていてついていけない。
  マスコミは韓国も日本も同程度に左翼的だが、国民の思考は何故にこうも違うのか。韓ちゃん、やっぱり民度の差でしょうなー。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ

テーマ : 韓国について - ジャンル : 政治・経済

韓国、「火病」100%発症中。

  いまの韓国を見ていると楽しくてたまらない。毎朝起きてニュースを見るのが待ちきれない。きのうはどんな反日行動や反日発言があったのか。誰がなんと言ったのか、韓国のマスコミはどうのように報じたのかなど次から次に出てくるニュースが面白くもあり、実に愉快だ。韓国国家全体が「火病」真っ盛りで、「どんどんやれ」と声援を送っている。
  韓国の「火病」が進めば進むほど、日本は健康になる。韓国が付きまとうと、うっとうしくて、邪魔で、日本を困らせることばかりする。「火病」がどんどん進んで、韓国自らが日本から離れてくれれば、日本も余計な事をせずに済むし、なにより精神的にホッとする。願ったり叶ったりだ。いっそ親子の縁を切るように、近所付き合いを止めるように絶交になればこの上ないことだ。
  竹島に慰安婦像を設置するべく募金活動を開始したというし、韓国国会に慰安婦像を建てるということも計画されているようだ。日本人のはるか先を行く発想、さすがウリジナルの国だ。韓ちゃんはすごい。
  韓国国会の慰安婦像は是非とも実現してね。そして観光スポットにしてよね。世界から大勢の人が訪れて「笑顔は世界を平和にする。韓国嘲笑の館」としてユーチューバーの恰好の取材スポットになること間違いなし。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ

テーマ : 今日のつぶやき。 - ジャンル : 日記

大使を早く帰任させろと言っている親韓派売国奴に、安倍ちゃん先制パンチ!

 釜山の日本総領事館に慰安婦像が設置されたことで、日本は駐韓大使と総領事を一時帰国させている。実質的には召喚なのだが政府発表では一時帰国になっている。この大使らをいつ帰任させるかについて、もうすでに帰任を模索する動きが出ていることを16日にこのブログにも書いたが、安倍首相は、「外務省は大使らを早く韓国に帰したがっているが、早く返す必要はない。国民も納得いかないし、それはさせない。」と語った。ワシは早期に帰任させるのではないかと心配していたが、安倍首相の言にほっとしているところだ。
  ただ、気がかりなのが、外務省が早く返したがっているという安倍首相の言葉だ。「なにっ!」と怒るより、「またか!」という気持ちが強い。外務省は国益、国家の尊厳、国民の気持ちをどう考えているのか。大使らを早期に帰任させて何をさせようとしているのか。それでこの慰安婦問題が前進、解決するとでも思っているのか。何の状況の進展もなく、日本が大使らを帰任させるとどういう事態になるかわかっているのか。まったく国家観のない外務省はまさに害務省と言わざるを得ない。
  一方では、「大事なのは、あの像が撤去されるかどうかだ。」という幹部の声をある。外務省では早期帰任派と慎重派が分かれている状況のようだ。しかし、この状況にあって岸田外相の声がまったく出てこないのはどういうことか。これはまさに外交案件なのだが、日本のカウンターパートである岸田の声が聞こえてこない。安倍首相の先の発言は、暗に岸田を意識したものであり、岸田に先制パンチを食らわして黙らせているのではないかと思う。
  早期帰任を言っているのは宏池会で、その裏でエロ黒二階や古賀不誠実が暗躍している。岸田は外相だが、二階や古賀に繰られているだけだ。そこを見越して安倍ちゃんは、「外野は黙っていろ!!」と親韓派売国奴を牽制している。安倍ちゃんは大したものだ。
  日本との交渉窓口を失くした韓国は、エロ黒二階や古賀不誠実など与党親韓派議員に接触して、大使らの早期帰任、慰安婦問題の更なる妥協、スワップ協定協議の再開などあらゆる要求をしてくる、いやしているだろう。それを誰が代弁するか。政治家、評論家、マスコミなど注視しなければならない。
  安倍ちゃんには大多数の国民がついている。このことを忘れずに韓国をバシバシやってほしいと願っている。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ

テーマ : 韓国について - ジャンル : 政治・経済

子供を甘やかして育て、どうしようもない大人になってから言って聞かせようなんて通じないよ

釜山の日本総領事館前に新たな慰安婦像が設置されて、日本が対抗措置として、駐韓大使および釜山日本総領事を一次帰国させたが、もうすでに大使らの帰韓が取りざたされている。釜山およびソウルの慰安婦像が撤去されないかぎり、つまり日韓合意が確実に履行されない限り大使らの帰韓はすべきではないと思うのだが、北朝鮮の核実験の可能性などを勘案すると大使らの長期不在は好ましくないという判断のようだ。しかし北の核実験の可能性は釜山に慰安婦像が設置される以前から懸念されていることであり、これを理由にすることは辻褄が合わない。
  ワシは1月7日にこのブログで、大使らの一時帰国は国民向けのパフォーマンスだと書いた。どうもその懸念が現実化しそうな状況だ。政府は、韓国への対応を協議するための一時帰国であって召還ではないと言うが詭弁だ。実質は召還で、その言葉を使いたくなかったから一時帰国という表現にしただけで、韓国自体も大使召還と捉えている。
  慰安婦像が撤去されることもなく、韓国では10億円を返して日韓合意を白紙に戻せという世論が体勢を占めるなかで、日本が大使らを帰韓させると、あの一時帰国は何だったのかという日本国民の不信感と、大使らの一時帰国は日本の強がりで、結局は日本の方が不利になると判断したと、韓国人にあやまったシグナルを送ることになる。
  こういう日本の態度を見て、韓国人はますます日本に高圧的になり、慰安婦問題は解決どころか一層対立が激化することになる。韓国との交渉はいつもこのパターンだ。過去から現在まで、韓国に対しこういう姿勢を容認してきたツケが来ているのだろう。自民党政権の悪しき遺産だ。

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ

テーマ : 韓国について - ジャンル : 政治・経済

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。