FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

コロナ感染拡大は国民のせいだ。その国民を誰がたしなめるのか。

 コロナ感染の最大の危機が訪れた。東京都は7日、新たに555人、大阪府は878人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。全国的にも感染者は拡大傾向にある。いつ緊急事態宣言が発出さてもおかしくない状況だ。
 日本医師会の中川俊男会長は「これまでで最大の危機」としたうえで、「第一に国民の皆様がコロナに慣れつつあり自粛という我慢の限界にあること。第二に感染力が強い変異株(ウイルス)が主体になりつつあるということです。早急に昨年の最初の緊急事態宣言時のように、国民の中に危機感緊張感を呼び戻さなければなりません」と述べた。
 感染拡大の最大の原因は、国民の気の緩みだ。中川会長は「国民は、自粛という我慢の限界にある」と、国民を直接批判することはなかったが、そこまで国民に気兼ねする必要はない。医療現場の最高責任者として、はっきりと、そして厳しく、国民の気の緩みを叱責してもらったほうが良かった
 「国民」がいつでも正しいわけではない。本来ならば、政府、政治家、マスコミが国民に警鐘を鳴らさなければならないことだが、「国民の声」を怖れて何も発言しない。「国民の声」にも「いい声」もあれば「ばかな声」もある。ただ、「いい声」はいつも小さく、「ばかな声」はいつも大きい。この大きな「ばかな声」を怖れて言うべきことが言えないのだ。これでは健全な民主主義は育たない。それでなくても、ウイグルの人権弾圧に批判のコメントひとつ言えないのだから、日本には民主主義、自由主義は育っていないも同然だ。
 マスコミはコロナ感染の拡大を、コロナワクチン接種の遅れ、感染拡大防止対策の遅れなど政府のせいにしたいようだが、世界的に見て日本のコロナ対応は世界の模範と見られている。マスコミは報道しないだけだ。マスコミが批判しなければならないのは国民だ。国民が批判の対象にならない社会は、あるいみ全体主義と一緒だ。国民ファッショといってもいい。
 国民の行動をたしなめる言論機関よ出てこい!
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ
スポンサーサイト



テーマ : このままで、いいのか日本 - ジャンル : 政治・経済

軍艦島、炭鉱映像偽造問題。NHKは元島民も入れた、公開検証委員会で映像を検証しろ!

 産経新聞ニュースから。

 NHKが昭和30年に長崎市の端島炭坑(通称・軍艦島)を報じた番組「緑なき島」の坑内映像をめぐり、島外で撮影されたとの疑義が生じている問題について、NHKの前田晃伸会長は30日の参院総務委員会で「別の炭坑で撮影された映像が使用されている事実は確認されていない」と重ねて否定した。自民党の青山繁晴氏の質問に答えた。
 坑内映像では半裸姿の炭鉱労働者が裸電球で照らされた天井の低い坑道の中で作業しているが、元島民らは、いずれも保安規定などに違反しているといい「実態と異なる」と否定している。
 前田氏は「当時の端島炭坑では服を着ないで作業していたこともあったのではないか」と主張した。
 関係者によれば端島炭坑内はガス爆発の危険があり、照明を必要とする撮影などは制限されていたというが、前田氏は「NHKで端島炭坑内部の映像が複数残されている。内部の撮影は可能だった」と述べた。
 前田氏はNHK側が元島民の抗議を受け、約100人の関係者から聞き取り調査を行ったと説明する一方、「番組の取材制作に直接関わった人から話を聞けていない」とも語った。
 複数の韓国のテレビ局はこの映像を引用し、戦時中に軍艦島で朝鮮半島出身者への「虐待労働」があったとする主張を補完する形で報じている。(以上)

 NHKは、「別の炭坑で撮影された映像が使用されている事実は確認されていない」と言い、元島民らは、「実態と異なる」と否定している。だったら、両者立会いの下で映像を検証したらどうか元島民ら、そして、制作に関わった人が存命の内に、「端島炭坑(通称・軍艦島)「緑なき島」 映像検証委員会」を立ち上げ、公開の場で、検証作業を進めたらいい。
 NHKの前田晃伸会長は、「当時の端島炭坑では服を着ないで作業していたこともあったのではないか」と述べているが、推定の発言だ。映像が事実と言うなら、はっきりと「服を着ないで作業していたこともあった」と言い切るべきだった。また、「番組の取材制作に直接関わった人から話を聞けていない」と言いながら、なぜ「別の炭坑で撮影された映像が使用されている事実は確認されていない」と言い切ることができるのか前田会長の発言は自信の無さの表れに聞こえる
 NHKは偽造した映像が暴露されることを恐れ、敢て、番組制作関係者から話を聞かなかったのではないかと思う。NHKとしては制作関係者および元島民がすべて亡くなるまでは検証員会を立ち上げるつもりはない。最後は、「偽造映像を確認できない」として逃げ切るつもりだ。
 この問題、徹底的に検証して、NHKが映像を偽造していたことが明らかになったら、受信料の返還、令和4年度NHK予算の大幅減額または凍結、ゴールデンタイムの番組停止など、厳しい処分を科すべきだと思う。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ

テーマ : NHKから国民を守る党 - ジャンル : 政治・経済

政府のコロナ対応。マスコミはいつも反政府視点で報道する。

 首都圏の1都3県に出されている緊急事態宣言について、政府は18日夕方に開いた対策本部で期限の今月21日で解除することを決定した。これによっておよそ2か月半にわたった宣言はすべて解除されることになった。
 テレビのニュースではこれをトップニュースとして扱っていた。街の声を拾い放映していた。「感染が下げ止まりで、解除により感染が増大しないか心配だ」、「解除で気が緩み感染が拡大することを心配している」、「ちょっと早いかなという感じ」。これら、どちらかというと宣言解除に慎重派の意見が多かった
 昨年の緊急事態宣言(4月7日~5月6日)以降、感染が拡大が止まらない状況の時は、マスコミは緊急事態宣言を発令せよという風潮を煽り、感染拡大が止まらないのは政府の対応が遅い、政府の責任だと立憲民主党といっしょになって政府を批判していた。そして、今回の緊急事態宣言の解除については、感染が拡大しないか心配だという街の声を代弁させて、宣言の解除に慎重派の姿勢を取っていた
 要するに、マスコミは、感染が拡大しようが収束しようがそんなことは関係ない。反政府、反菅政権、反自民党政権というスタンスということだ。コロナに始まったことではないが。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ

テーマ : 報道・マスコミ - ジャンル : 政治・経済

コロナの感染拡大防止。「お願い」以外に何がある? 政府に責任をこじつけるのは止めろ!

 産経新聞ニュース(WEB版)より引用。
 大阪府の吉村洋文知事は5日、新型コロナウイルス特別措置法に基づく緊急事態宣言が首都圏1都3県で再延長されることを受け、府民に対し、3月21日の期限まで首都圏との往来自粛や、歓送迎会や宴会を伴う花見などを控えること、4人以下でのマスク会食の徹底などを呼びかけた。
 吉村氏は府庁で記者団に「大人数の会食は感染リスクが高まる。3密(密閉、密集、密接)対策が基本中の基本だ」と強調。マスク会食について「簡単にいかないことはわかるが、しゃべるときはマスクし、食べるときに外すことを徹底してほしい」と述べた。(以上)

 緊急事態宣言が発令されていた大阪・兵庫・京都の関西3府県、愛知・岐阜の東海2県と福岡県の6府県は3月1日に宣言が先行解除されている。これらの地域では宣言解除後には、夜の人出が多くなったとニュースが言っていた。宣言解除後初の土日になる6、7日の人出がどうなるか。気の緩みから感染のリバウンドが心配になる。
 こういう状況を察して、吉村大阪府知事が、府民の気持ちを引き締めるために発言したのだろう。それは他県でも当てはまることだ。日本政府としても同様に、国民に向けて宣言解除に伴う気の緩みに警鐘を鳴らすコメントを発するしかない。
 まだ予防接種ができる状況にはなく、物理的な対応をとることができない以上、注意を喚起することしかできない。結局は国民の意識、理性ある行動に頼るしかないのが現実だ。それを、「政府の対応が、政府の対応が」と言い続け、国民に、感染拡大の責任が政府にあると言う刷り込みをしつづける一部野党、マスコミ、ワイドショーのコメンテーターは、もはや犯罪者だ。扇動罪なるものがあれば、とっくに逮捕だ。
 彼らは、ワクチン接種ができない状況下で、どんな感染拡大防止対策を実施しろと言うつもりなのか。明言してほしい。それが責任ある言論人の姿だと思う。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ

テーマ : 報道・マスコミ - ジャンル : 政治・経済

福岡県、緊急事態宣言前倒し解除要請。マスコミは結果論で批判の準備か?

 福岡県は、新型コロナウイルスの新規感染者数が減少していることに鑑み、緊急事態宣言の解除を国に要請した。県が設けた解除基準に達したことから、3月7日の期限を待たず解除を国に要請したものだ。
 コロナの感染拡大については、マスコミ、野党とくに立憲民主党は、政府に責任がある、つまり、政府の感染拡大防止対応が遅いというスタンスで、政府を追及している。政府は経済を回しながら、感染の拡大を抑制するというバランスを重視したコロナ対策をとっているが、マスコミや立憲民主党は、感染拡大を優先せよというスタンスだ。国民目線を重視しているというよりも、国民受けを狙ったスタンスだ。営業を自粛している飲食業や観光業の人々よりも一般の国民のほうが大事ということになる。
 福岡県が国に対し、緊急事態宣言を前倒し解除の要請をしたことで、コロナの感染が増大することになれば、マスコミや立憲民主党は、政府の責任というのか、福岡県の責任と言うのか、それとも二者の責任だと主張するのか。だから、こうなる前にマスコミ、立憲民主党は、福岡県に対し前倒し解除に反対する論を張ればいいと思うのだが、何故か沈黙している。やっぱり結果論で批判するつもりでいるのかな。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ


テーマ : 報道・マスコミ - ジャンル : 政治・経済