1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社民党が風前の灯火。当たり前だろーよ。

  社民党が党本部ビルを移転するという。党勢が低迷し、政党交付金が減額されて家賃の安いオフィスビルに移転せざるを得なくなったということだ。これにあわせて職員の早期退職、賃金カットも実施する。
  社民党本部職員には労働組合はないのかな。労働組合が支持母体だからないはずはないよね。「クビ切り反対!」、「賃金カット反対!」と気勢をあげてストライキでもするのかな。
  それにしても影がうすくなったね社民党は。今は社民党というけれど、ワシら早期ジジイ組は社会党といったほうがピンとくる。ワシらが小、中学校時代の昭和40年から50年代初めにかけて、「なんでも反対」、「ソ連、中国、北朝鮮大好き政党」、「日教組全盛」の印象があまりにも強すぎる。「米核には反対だが、ソ連、中国の核はいい核だ」などと言っていたのを思い出す。
  中国が市場経済を導入して実質資本主義を受け入れ、ソ連では共産党が崩壊、これにつづき東ヨーロッパでもつぎつぎと共産党政権は崩壊いていった。社会党が金科玉条のように守り信じてきたマルクス・レーニン主義が世界から否定されたことで、その存在価値が意味をなくさなくなった。自然の流れというか、社会主義・共産主義の嘘が暴かれ国民が覚醒したといったほうがいいかもしれない。ところが、ワシの住む団地の同じ組内に、中学校の教師を退職した男がいる。夫婦そろって元教師で、現役時代はバリバリの日教組活動家だったようだ。この男は、今は平和研究所なる団体に仕事に出ていると言っていた。この団体がどっち系の団体かは容易に推測されるけどね。たまに用事で、この男の家を訪れると、玄関内側に社民党系の国会議員、県会議員のポスターが貼ってある。さすがに、かつてのように家の外に貼る事ははばかられるのだろう。この男の頭がいまだに社会党そのものだ。どちらかと言うと「北朝鮮万歳!」派だ。町内清掃など行事で世間話などすることはあるが、安倍政権や自民党を反動とか右翼呼ばわりしたり、憲法9条を守るとか、戦争法案云々などよく口走る。こいつらのおかげで社民党はかろうじて議席を維持しているのだろう。しかしこの夫婦、二人して退職金たくさんもらって、年金も結構出ているらしく、夫婦でゴルフ会員権もって月1回フィールドに出ているし、年に2回は海外旅行している。自家用車もレクサスとスズキのハスラーがある。休日はもとより、有給休暇完全消化して、公務員という立場で散々好き勝手して暴れて、結果ちまたの人間より裕福で贅沢な老後を送っている。
  社会主義を信奉しながらブルジョアな生活している。世の中おかしい! ワシは絶対に許さん!!
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 民進党 - ジャンル : 政治・経済

瑞穂ちゃん、何してる? 辻やんが元気でっせ。

  昨日、安保関連法案が可決された。民主党議員が反対ビラを掲げ、テレビを意識した採決阻止行動がテレビに映し出されていた。中でも、北朝鮮派の辻元清美は、手を合わせ、涙目で浜田委員長に採決を思いとどまるよう懇願している姿がテレビや新聞に取り上げられていた。しかし、大根役者以下のクソ演技で、見ていてゲロが出そうになった。元来の極左、社会主義、共産主義を標榜しているくせに、テレビの前だけ、平和主義者ぶるな! 
  安保関連法案の審議では、自衛隊はいらん、国防などいらんという人間が、党を代表して安保の議論をしているという、まさに不毛な議論だった。このように、目だちがり屋の辻元おばちゃんだが、最近、瑞穂おばさんこと、福島瑞穂がえらくおとなしいが、元気にしているのかな。辻元にお株を奪われ、ふて腐れているのかな。
  そういえば、瑞穂ちゃんは従軍慰安婦問題で、韓国政府および韓国人慰安婦と協同して、日本政府を糾弾していたよね。あのころの瑞穂ちゃんは元気よかったがねー。ところが、朝日新聞が、従軍慰安婦報道のねつ造、誤報を認めた以降、マスコミに登場することが極端に少なくなった。体調を崩しているのか、自分が積極的に取り組んできた従軍慰安婦問題がまったくのねつ造だとわかり、部屋に閉じこもって自分を見つめ直しているのだろうか。まさかねー。
  辻元も福島も北朝鮮派、つまり金シンパだ。ひょっとして二人の間に路線闘争が勃発しているのかな。なんてことを考えたりしています。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ

テーマ : 伝えたい事 - ジャンル : ブログ

村山じーさん、家で大人しくしときなはれ。

   まだこの人いるんだね。確か90歳を超えていると思う。この年になっても、講演して講演料を稼いでいらっしゃる。高齢化社会なので、お年寄りが仕事をするのはいいことだという世の中になっているので、これは喜ばしいことなのだろう。頭もボケないで冴えているようだ。
   18日には東京で講演して、ブレない村山節を講演なさった。いまの安倍政権では戦争になる、憲法があるから戦争に巻き込まれなかった、これまで幾度となく聞いてき平和憲法教のお経だ。さすがに宗教の力は強いね。このおっさん、若いときから全然ブレていない。ボケてもいない。というか、逆に若いときからすでにボケていたんだと思うよ。ただ、このボケが進行していないということだよね。村山貧市さんは、もとい富市さんは、自己管理がすごい。これだけは尊敬に値する。
   この講演の最後には、「安倍さんは侵略や植民地という言葉を使いたくない、悪いと謝りたくないのだろう。子孫まで屈辱的な気持ちを残すのは忍びない、今のうちに消した方がいいというのが首相の信念だ」と指摘した。今のうちに消したほうがいいというのは、あんたのこっちゃ!!
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ

テーマ : 伝えたい事 - ジャンル : ブログ

おタカさん、とうとう拉致被害者に謝罪もなく、あの世に行ったね。

  元衆院議長の土井たか子氏が亡くなった。旧日本社会党委員長、社民党党首を歴任し、1993年8月から1996年9月まで第68代衆議院議長を務めている。土井氏といえばあのマドンナ旋風、参院選で社会党の議席倍増、自民党の総議席過半数割れを来たした1989年の参院選だ。当時の自民党政権が、消費税の導入やリクルート事件でズタズタに攻められ青息吐息の状態で、国民に嫌自民党の空気が蔓延していたことも社会党躍進の背景にあったことは事実だ。この選挙結果を評して、土井氏が「山は動いた」と言ったことは印象に残っている。
  旧社会党は自社55年体制のもと、萬年野党と揶揄され、とにかく自民党政権に反対することが党是みたいなところがあって、代案も示さず反対を叫び続けていた。それは自民党資本家階級に対抗する社会党労働者階級の階級闘争を意味しており、社会党は朝鮮労働党日本支部朝鮮総連傘下の政治団体的な政治活動をしていた。現に彼女は、朝鮮総連とは極めて親しく、北系パチンコ店の北朝鮮への不正送金事件、いわゆるパチンコ疑惑でも名前が挙げられていた。
  当時の社会党はよく訪朝団を組織し、北朝鮮を訪れ金日成主席との会談が報道されるなど、北とのパイプの太さを自慢していた。しかし実質は、北朝鮮本国が社会党に日本での活動方針を指示していたのだ。その指示の一つに、日本人拉致支援が含まれていたとワシは見ている。そういう意味では、社会党は、日本人拉致事件の陰の功労者であり、犯罪者である。
  小泉首相が北を訪朝し、金正日に日本人拉致を認めさせて以降、社会党は北とのパイプの太さを言わなくなり、土井たか子も、日本人拉致事件に関してパッタリと口をつぐんでしまったことは許すまじ姿勢であると同時に、卑怯、憤りを感じている。ついに、この件に関しては口を閉ざしたままあの世に行きなさった。北とのパイプを持つ唯一の党として自慢してきた社会党、社民党だったが、日本人拉致事件の解決には何一つ役に立たなかったことでだけが事実として残る。死人に口無しというが、拉致被害者家族は居た堪れない気持ちでいっぱいだろう。せめて拉致被害者の救済に力になれず申し訳ないくらいの気持ちを表明してあの世にいってほしかったなあ。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村





社会・政治問題 ブログランキングへ

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

村山じいさん、もうあんたの出る幕はないよ。

 レフトグルグル(左巻き)の連中は、よっぽど安倍をこき下ろしたいようだ。最近、村山富市元首相の発言がよくマスコミに出る。憲法改正、村山談話の見直しを目論む安倍政権を「右傾化」として批判し牽制している。旧社会党出身ながら、今の社民党を嘆き、社民党に固執することなく新党結成にも意欲満々のようだ。しかし、村山は元首相とはいいながら、無能だったから、単なるお飾りで首相のポストに座らされていただけだ。だからこの元首相の発言などどれだけの意味も、重みもない。
 もう棺桶に片足を突っ込んでいる人間に何をさせようとしているのか、レフトグルグルの連中は。旧社会党系にはいかに人材がいないかという証左でもある。村山は安倍の「右傾化」を批判しているが、村山自身が、もうすぐ左に倒れようとしているのに、その目で見たら何でも右に見えるのは当たり前だ。
第一、安倍の「右傾化」は国民の絶大な支持があって求められているものだ。これを批判するなら安倍だけではなく、国民も批判しなければならない。「日本国民は現憲法を否定して、戦争が出来る国にしようとしている。日本国民は中国、韓国に謝罪しなければならない。」とでも言いますか。村山がこれまで言ってきた、平和外交、護憲、基本的人権の尊重の成れの果てが今の社民党だ。この現状をどう見ているのか、眉毛じいさんよ。
 安倍政権を批判する前に、社民党をよく見て、これまでの主張のどこが国民に受け入れられなかったのかを総括したらどうか。それが「北朝鮮労働党日本支部政党」の再スタートだろうが。
 それまであんたも、社民党も生きていないかもしれんがね。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村

テーマ : 今日のつぶやき - ジャンル : ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。