fc2ブログ
  1. 無料アクセス解析

「中国を刺激するな」で日本の国益を売り渡す岸田首相

 日本の排他的経済水域(EEZ)で潜水作業をしていたオーストラリア海軍のフリゲート艦に対し、中国軍の駆逐艦が今月14日、音波探知機(ソナー)を作動させたとして、オーストラリア政府は「深刻な懸念」を表明した。複数の潜水員が音波の影響とみられる軽傷を負った。オーストラリアのリチャード・マールズ副首相兼国防相は18日、「(中国軍の駆逐艦に)搭載されたソナーが、オーストラリアの潜水員の安全を危険にさらす方法で操作され、海から出ることを余儀なくされていたことが分かった」 「危険で未熟な行動だ」と非難した。
 中国はフィリピンの巡視船にもレーザー照射したり、放水したりと、海での危険行為を常態化させている。オーストラリアの駆逐艦に対する危険行為は、日本のEEZ内で起きている。中国は日本のEEZ内に海洋ブイを無断で設置もしているが、日本政府は口だけ「撤去要請」しているが実質無策でブイの設置を黙認している。日本が何も実力行使しないことが中国の横暴を許しオーストラリア海軍のフリゲート艦にソナーを作動させたことの遠因になっている感は否めない。
 軍事ジャーナリストの世良光弘氏は「中国軍は海でも空でも、危険な行為を日常茶飯事で行っている。沖縄県・尖閣諸島では、中国艦船の領海侵入に対し、日本側は『こちらが手を出せば中国の思うつぼになる』ギリギリ耐えているような状況が常態化している。」と言うがはたしてそうか。日本がギリギリ耐えているという美談ではなく、ただ単に「中国が怖い」「中国を怒らせるな」と政府がビビりまくっているだけに見えるのだが。
 岸田の外交基本姿勢は「中国を刺激するな」という自民党の伝統を引き継いでおり、中国を怒らせるくらいなら、日本はそれを納めさせるくらいの譲歩をすればいいという考えだ。だからいくら支持率が下がったと言っても、中国様の機嫌を損なわないなら岸田降ろしは起きない。岸田は自民党に守られても国民からは捨てられる運命にあるようだ。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ

スポンサーサイト



テーマ : 自民党の腐敗 - ジャンル : 政治・経済

「中国を刺激するな」しか考えられない岸田は、辞職して中国に移住してくれ。

 中国が今年7月に日本の排他的経済水域(EEZ)内に設置したブイ。もう3か月以上、海洋データとくに潮流データが中国に取られている。
 岸田は11月16日の日中首脳会談でトップ通しが会談したことが問題解決の一歩と、呑気なことを言っている。「具体的案件を解決するためにこそ、対話が始められなければならない」と岸田は言うが、中国は無断でブイを設置しているのだ。無断で設置したものを対話で解決しなければならないのか。この分ではブイの撤去がいつになるか分からない。すぐに撤去されることはまずないだろう。撤去どころか半永久的に設置したままの状態にして、これを既成事実にして中国は日本のEEZを浸食するつもりなのかもしれない。
 岸田はブイを撤去する考えを持っていないのは確かだ。しかし、政権内の特に防衛大臣が岸田ほ方針に反対しないのは理解出来ない。潮流データを取られるということは、中国潜水艦の行動計画を利することになる。つまり日本の国防上由々しき事態だ。こんな大問題を政権も問題視せず、与党自民・公明も話題にもしない。そしてマスコミも追求しない。この国は一体どうなっているのか。国のトップから国の末端の庶民まで、みんな「平和ボケ」どころか「平和バカ」になってしまったのか。元からバカではあるが。一方では国を守るために国民が団結して武器を取って戦っている国もあるというのに。
 岸田はとにかく「中国を刺激するな」を対中外交の基本スタンスとしている。日本は中国から刺激ばかり受けているけどなー。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ

テーマ : 岸田内閣 - ジャンル : 政治・経済

中国の「汚染水」発言。岸田は妥協のタイミングを探っている。

 <再掲>
 岸田文雄首相は17日午後(日本時間18日午前)、訪問先の米サンフランシスコで内外記者会見に臨んだ。日中首脳会談で習近平国家主席が東京電力福島第1原発の処理水海洋放出を「核汚染水」と発言したことについて「対話で解決方法を見出すことで一致している」と強調した。そして「科学的分析と事実に基づく冷静な判断、建設的な態度、これを促していきたい」と述べたが中国の輸入禁止措置の解除について、「今の段階で具体的な時期は予断を持って言えない」と悲観的な見通しを示した。
 この期に及んでもまだ「対話で解決方法を見出す」段階なのか。処理水の安全性は科学的根拠に基づくものでIAEAそして多くの国がが認めていることだ。日本側としてはこれ以上の説明と情報の開示はないはずだ。いまや中国に「科学的分析と事実に基づく」判断を期待する段階は過ぎている。中国は科学的判断で処理水を汚染水と発言したり、日本産水産物の禁輸措置を取っているのではなく極めて政治的理由で同措置を取っているに過ぎない。科学的には解決している問題だ。これを「対話で解決」とは要するに日本が譲歩しろと言っているのだ。そして岸田は譲歩すると言っている。日本が中国に何らかのアメを提供する用意があるということだ。そのアメの大きさとうまさの評価は習近平の舌(👅)に委ねられている
 このアメがどれほどの量とうまさになるか分からないが、そこまでして中国にホタテなどの日本産水産物を輸出する価値があるのか。日本産水産物がそれほど中国に頼らざるを得ないような状況ではないと思う。日本産水産物の生殺与奪権を中国が握っているかのような姿勢で中国と交渉していることが一層中国を強気にさせているのではないか
 この問題は中国との経済問題に発展したが、そうさせてしまったのは日本の外交交渉の失敗ではないかと思う。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へにほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ

テーマ : 岸田内閣 - ジャンル : 政治・経済

岸田そして自民党もやっぱりダメだね。

 上川陽子外相は25日、韓国南部・釜山を訪れ、中国の王毅共産党政治局員兼外相と会談したが、懸案の水産物禁輸、EEZ内にブイの設置、法人拘束のいずれも平行線で進展はなかった。
 日本産水産物の禁輸措置については福島原発処理水の安全性は科学的根拠に基づいておりIAEA基準でも安全性に問題がないことは認定されている。これ以上何を論拠に協議するというのか。それでも中国が納得しないのなら日本としては日本産水産物の中国への輸出を諦めればいいではないか。中国に媚びへつらい、妥協してまで輸出する必要はない。中国は日本漁船が漁をしている同じ海域で獲った魚を中国産として毎日食べていると世界に向けて情報発信したらいい
 海上ブイについては中国に撤去を申し入れたが中国が撤去しないなら日本が撤去すると宣言して、粛々と撤去すればいいこれは協議事項ではない。日本の主権の問題だ。中国が同意しないなら日本も中国のEERZ内にブイを設置する用意があると伝えたらどうか。
 邦人の拘束については日本側も拘束の理由は何なりと付けられるので在留中国人を拘束して、拘束人交換するくらいの気持ちで国民を救出してほしいものだ。
 中国にまともに物が言えない岸田および岸田政権に期待するのは詮無いことではあるが。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ

テーマ : 自民党の腐敗 - ジャンル : 政治・経済

中国を刺激するな。人命よりも金。これが政府と経団連の対応。こんな中国でビジネスできますか?

 中国でスパイ容疑で逮捕されていた50代日本人男性の上訴が棄却された。これにより12年の刑期が確定した。本人そして家族の心中を思うと胸がはちきれそうになる。それと同時に解放に向けて何の努力もしなかった日本政府と経団連に対し怒りがこみあげてくる。
 そもそも政府は在外邦人の生命・身柄を守る意思があるのか。中国が怖くて何も言えない。だから日本人の一人や二人拘束されたところで、中国が機嫌を悪くしないのなら、何もせずに中国当局のやり方を黙認していた方がいいという魂胆が見え見えだ。中国は法治国家ではない。共産党の一存で日本人を逮捕したり死刑にすることができる。一方日本は法治国家だから不法に在留中国人を拘束・逮捕できない。つまり法治国家は非法治国家のやりたい放題に何の抵抗もできないのか
 二国間関係は相互主義が原則のはずだ。相手が非法治で日本国民を拘束したなら、日本も非法治で中国人を拘束できるのではないか。法治には法治で、非法治なら非法治で対応するのが相互主義だ。法治国家であるが故に、非法治国家の不法な日本国民の拘束に何もできないというのはどう考えてもおかしい。
 政府には国民の生命・財産を守る義務があるはずだ。政府がこれを全うしないのなら国民も義務を果たす必要はない。今回の件で政府は国民の信頼を裏切った岸田内閣の支持率が低下しているのにはこの件も大きく影響していると思う
 また別に逮捕されたアステラス製薬社員の拘束・逮捕では経団連も何もしなかった。たった一人の国民のために日中友好・日中の経済交流が途絶えることを懸念したのだろう。人命よりも金、金、金。日本の経済人の本心が見えたような気がする。
 「アステラス製薬社員を救出できないのなら中国での経済活動はできない。中国から引き上げなければならない」
と言って政府を批判する経済人が出なかったことが国民を一層失望させた。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ

テーマ : 自民党の腐敗 - ジャンル : 政治・経済