1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千葉県松戸市、教育レベル低すぎ! 

  5月8日の産経ニュース(WEB版)より引用する。

 千葉県松戸市立の小学校が安全保障関連法廃止の署名を求めるチラシを1年生の児童94人に配布していたことが7日、分かった。同法廃止を訴える女性団体から配布の依頼を受けたが、校長や教頭による内容確認が不足していたという。市教委が明らかにした。学校は保護者に書面で謝罪。市教委は「学校に政治的な意図はなかったものの、チェック不足で偏った内容のチラシを配布した」として週明けにも校長らを厳重注意する方針。市教委によると、団体から4月12日の入学式に配布したいと依頼があり、いったんは断ったものの、再度要請があった後に教頭が受け取り、校長の許可を得て入学式の翌日13日に配布したという。市教委の担当者は「同じようなことが二度と起きないよう、チェック体制の徹底に努めたい」としている。

  またまた、この手口は日教組か。この松戸小学校は、日教組が強いのだろう。この小学校に、かなり過激な活動家がいると見ていい。学校側は、安保関連法案に反対する女性団体から配布の依頼を受けたというが、実質は、日教組が女を使って配布させたに違いない。配布した女、日教組教員、教頭、校長が連携したチラシ配布だったのだ。本当は入学式の日に配布するつもりが、さすがに政治ビラをその日に配布するのは教頭、校長は腰が引けたのだろう。だから入学式の翌日にしたのだ。日教組の活動家からかなり強烈に要求されていたに違いない。そういう学校なんだよね、この小学校は。
  市教委は「学校に政治的な意図はなかった。チェック不足。」と言っているが、何を間抜けたことを言うか!! 安全保障関連法廃止のチラシを見て、その政治色が分からないのか! 校長も教頭も市教委もよっぽどバカだな。それとも、内容も何も見ずに、配布したと言うつもりか。入学式の日に配りたいという要請を断ったくらいだから、チラシの中身は見ているはずだよね。要はチラシの中身も、配布した女性団体のことも、1年生児童に配布させた経緯も、全部わかってのことだ。出来レースってことよ。今回、たまたまマスコミに知られることになっただけ。こういう政治活動は、この小学校では、いや松戸市、千葉県では大なり小なり、日ごろから行われていたのではないか。でないと、いきなり小学校の入学式で配布しよう、それもダミーの女性団体を使ってなどという発想は浮かばない。
  こんなえげつない政治活動をして、処分は、「厳重注意」だけ。市教委も内実を知っているのか。厳しい処分を科すと、日教組があばれ、内実をばらされると思っているのだろう。つまり、日教組も市教委もグルってこと。
  国民の税金で、反政府売国運動ができる国っていい国なのか、変な国なのか、誰か教えてちょーだい。
  この事件でわかったこと。
1.千葉県松戸市は日教組が強い自治体
2.松戸市立の小学校の校長、教頭には日本語が読めないか、日本語文章を理解できない者がいる。
3.松戸市の公立小学、中学校は学業レベルが低いと思われる
4.松戸市教育委員会は、実質日教組が動かしている
                                    以上
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ : 伝えたい事 - ジャンル : ブログ

生徒を自殺に追いこんだ日教組先生はいいなー、有給休暇で休めて。

  ありもしない万引きの記録がもとで、高校の推薦入学の推薦を学校から拒否断られた、広島県府中町の緑ヶ丘中学校生徒自殺事件。ここ最近、ぱったりと新聞も、テレビも報じなくなった。日本人の、熱しやすく冷めやすいという性格もあるだろうが、ワシには、意図的にニュースにしなくなったのではないかと疑っている。それは、日教組とマスコミ労組の、左翼仲間という帰属意識がそうさせていると思っている。
  彼らの根本は、反自民、反保守、反米、反資本主義だ。
裏を返せば、親中、親北朝鮮だ。だから、この事件に深入りすると、どうしても日教組という問題に突き当たる。すると教育行政と日教組の関係が公になる。その関係が町民に知られることになり、日教組に対する風当たりが強くなる。今年の7月には参院選がある。ひょっとして衆参同時選挙になる可能性もある。この事件を追って選挙が近づくと、日教組やマスコミ労組が支持する民主党や社民党のイメージが悪くなる。だから、この自殺事件を報じないことで、来る選挙での民主党、社民党のダメージを回避させようとしているのだ。つまり、自殺した生徒のことよりも、日教組や民主党、社民党のほうが大事というわけだ。
  いくら日教組やマスコミが人権だの、命の大切さだの、平和だのと言ったところで、これが現実なんよ。これが日教組、マスコミの実態なのよ。自殺した生徒を万引犯と決めつけた担任は、とうとう公式の場に顔を見せることもなく、謝罪もせず、罪に問われることもなく、どこかに匿われて、有給休暇を消化しながら三食おまんま食って、テレビ見て、寝る。当然解雇されることもなく、ほとぼりが冷めたら、こっそりと現場復帰して、定年まで働く。そして退職金3000万、プラス年金余生を悠々自適に過ごす。
  希望を絶たれ自殺した生徒とその家族、そしてこの先生、このギャップは何なのよ! 国民は公務員の単なる飯の種か!
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ

テーマ : 伝えたい事 - ジャンル : ブログ

日教組的、高校推薦基準がある?

 広島県府中町の町立府中緑ヶ丘中学校の 3 年の男子生徒が、誤った非行歴が原因で、担任教諭から志望校の推薦を得られないと言われ自殺をした事件だが、これは広島県特有、というか日教組の強い県特有の理由があるのではないかと思う。

1. 親が保守系の生徒は嫌い・・・・・親が保守であれば、大体に日教組に批判的だから、その子供も、そういう目で自分たちを見ていると思っている。
2. とくに親が自衛隊であればなおさら・・・・日教組は戦争反対、自衛隊反対、安保反対、子供を戦場に送るなが、基本方針なので、これらの方針にことごとく反する自衛隊員の子供は、親とともに日教組の攻撃の的
3. 本当は授業で、日教組史観による社会、歴史を教えたいのだが、自衛隊員の子供が生徒にいると、それができず邪魔者と思っている
4. 労働組合の役員や民主党、社民党関係者とは懇意にしている・・・・・その子供をひいきにする
5. 高校推薦では、労働組合の役員や民主党、社民党関係者の子供は、日教組つながりで推薦が受けやすいが、自衛隊員の子供は推薦の優先順位が低い

  これらは全く個人の思い込みだが、こんな悲しい事件が繰り返されるたびに、そのように勘繰りたくなる。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ
  

テーマ : 伝えたい事 - ジャンル : ブログ

日教組的、高校推薦基準がある?

   広島県府中町の町立府中緑ヶ丘中学校の 3 年の男子生徒が、誤った非行歴が原因で、担任教諭から志望校の推薦を得られないと言われ自殺をした事件だが、これは広島県特有、というか日教組の強い県特有の理由があるのではないかと思う。

1. 親が保守系の生徒は嫌い・・・・・親が保守であれば、大体に日教組に批判的だから、その子供も、そういう目で自分たちを見ていると思っている。
2. とくに親が自衛隊であればなおさら・・・・日教組は戦争反対、自衛隊反対、安保反対、子供を戦場に送るなが、基本方針なので、これらの方針にことごとく反する自衛隊員の子供は、親とともに日教組の攻撃の的
3. 本当は授業で、日教組史観による社会、歴史を教えたいのだが、自衛隊員の子供が生徒にいると、それができず邪魔者と思っている
4. 労働組合の役員や民主党、社民党関係者とは懇意にしている・・・・・その子供をひいきにする
5. 高校推薦では、労働組合の役員や民主党、社民党関係者の子供は、日教組つながりで推薦が受けやすいが、自衛隊員の子供は推薦の優先順位が低い

  これらは全く個人の思い込みだが、こんな悲しい事件が繰り返されるたびに、そのように勘繰りたくなる。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ
  

テーマ : 伝えたい事 - ジャンル : ブログ

子供は広島県では育てられないね、だって怖いもん!

  広島県府中町の町立府中緑ヶ丘中学校の 3 年の男子生徒が、誤った非行歴が原因で、担任教諭から志望校の推薦を得られないと言われ自殺をした事件だが、この舞台となった緑ヶ丘中学校は、いわゆる「荒れた中学校」だった。報道によると、自殺した生徒が入学した平成25年度は、町内の中学生による問題行動205件のうち同校が85%を占める「異常事態」だったという。つまりこの年度、緑ヶ丘中学校では175件の非行があったということだ。ひと月平均14~15件だ。そもそも、この中学校ではまともな教育が行われていたのか、まともな教育ができる環境だったのか、大いに疑わしい。学校崩壊してたんじゃないのと疑ったりする。
  教育現場が荒れる背景には、生徒側の問題もさることながら、教育者側に問題がある場合も多い。生徒の自殺やいじめなど、社会的問題を起こした公立中学校には、日教組が強いところが多い。それもかなり過激なイデオロギーを持つ活動家数人が組合運動を牛耳っている。これら活動家には校長も、教頭も、一般教諭も何も言えない。口出し、組合方針に反対しようものなら昼夜を問わず脅迫、無言電話、完全無視など学校内で教職員による大人のいじめが行われる。実質はこれら活動家が学校を運営している、というか乗っ取っているのが現状だ。
  この非行履歴からみると、緑ヶ丘中学校は府中町では有名な「ワルの学校」だったはずだ。しかし、報道を見る限り、この事件では学校側の過失、対応ばかりが紙面に載るばかりで、町民や保護者の意見や感想がほとんど報じられない。

 ・町民は緑ヶ丘中学校にどのようなイメージを持っていたのか
 ・保護者は緑ヶ丘中学校の教育方針をどのように感じていたのか
 ・保護者、町民、卒業生は、緑ヶ丘中学校の教師にどのような感想を持っていたのか
 ・府中町の町会議員は、緑ヶ丘中学校をどう評価していたのか
 ・教育委員会の元メンバーはこの事件の背景をどう見ているのか

  本来なれば、これらのことはとっくにマスコミが取材し、今回の事件の背景を解説しなければならないと思うのだが。それとも、それができない、特別な理由がここ府中町にあるのか、それを指摘することがタブーなのか。
  いずれにしろ、広島県府中町って怖いところだね。

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ

テーマ : 伝えたい事 - ジャンル : ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。