fc2ブログ
  1. 無料アクセス解析

江沢民が日中友好を増進させただと。ふざけんじゃねー!

 自民党の二階俊博元幹事長は30日、中国の江沢民元国家主席の死去を受け「平成10年に中国の国家主席として初めて訪日され、日中両国の友好協力関係の増進に大きな役割を果たされた。ご功績をしのびつつ、ご冥福をお祈りする」とのコメントを発表した。二階は自身が12年と14年に訪中した当時を振り返り、「(江氏が)暖かく迎えてくれたことを昨日のことのように思い出す」と述懐した。
 昨日は岸田首相も「心より哀悼の意を表します」とコメントしたが、二階も江沢民が「日中両国の友好協力関係の増進に大きな役割を果した」とコメントしている。飯炊民もとい江沢民がどんな日中友好に貢献したと言っているのか。日中友好どころか日中敵対関係を増進させたというのが実態ではないのか。二階は日中友好教霊感商法に洗脳されていて高額の現金を中国に貢いでいる。それも自分の金ではなく国民の金を勝手に使って、自分だけいい思いをしている。自分を中国が暖かく迎えてくれたからと言ってそれを日中友好などと言うな。単なる金づるとして接待しただけのこと。完全に中国共産党に篭絡されていているのだが、それが分からないのは旧統一教会の信者と同じだ。
 二階よ、大好きな江沢民があの世で飯炊いて待っているよ(だから飯炊民だ)。だからあんたも早く行きなはれ!
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ

スポンサーサイト



テーマ : 日韓断交!日支断交!「脱亜論」を実践しよう! - ジャンル : 政治・経済

江沢民死去。岸田、「心から哀悼の意を表し申しあげる」だと。それ本心で言っているのか。

 岸田文雄首相は30日、中国の江沢民元国家主席の死去について、「心から哀悼の意を表し申しあげる」と述べた。官邸で記者団の取材に答えた。
 岸田よ! 心にもないこと言うな! 江沢民がどれだけ日中友好に貢献したというのか。ワシには、江沢民は日中敵対に貢献したとしか思えないんだが。
岸田が本心で「心から哀悼の意を表し申しあげる」と言っているのなら、お前は日本には不要な人物だ。さっさと中国に移住してくれ。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ


テーマ : 中国問題 - ジャンル : 政治・経済

エスカレータで急ぐ人のために端を空けるのは日本人の美徳だ。

 名古屋市がエスカレータに立ち留まって乗ることを条例化しようとしている。ワシはエスカレータで良く歩く。急いでいない時でも歩く。集団に巻き込まれるのが嫌だからだ。日本では急ぐ人のためにエスカレータの右側または左側を空けている。それは各人が急ぐ人を慮って自主的に行っている行為だ。それが暗黙の規律として定着していることは日本人として誇らしいと思っている。人の流れをスムースにしている点は評価されるべきと思う。
 しかし、名古屋市はこの行為を止めさせようとしている。エスカレータを歩いてこけたりしてけがをする事故が散発しているからという。この動きは福岡市地下鉄でもあり、市はエスカレータの2列利用を実現させようとしている。同地下鉄では昨年度までの3年間に54件の転倒事故が発生。原因は歩いたり走ったりするからで、横を追い越されて怖いという声もあるため、呼びかけを始めたという。
 3年間に54件の転倒事故という数が多いのか少ないのかはわからないが、階段で転倒してけがをした事例はどれだけ発生しているのだろうか。事故の件数を立ち止まることの理由にするのなら、階段での事故数も明らかにしなければならない。階段の事故も多いから階段でも立ち止まれとは言わないと思うが。
 ワシはこのように個人の裁量で行っている日常的な行為に対し、なんでも条例や法律で縛ることには反対だ。日本の行政は「するな」と規制するよりも「自己責任でやれ」という姿勢を前面に出した方がいいと思う。行政がなんでも「してはいけない」と規制するのは、なんでも行政の責任に転嫁する国民性があるのかもしれないし、それを推奨する法律家が多いということも影響しているのではないか。
 エスカレータの端を急ぐ人ように空けるというのは日本人の美徳だと思うが、これをなくせというのは日本人の美徳を否定しているようで心が穏やかでない
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ


テーマ : 私の見解 - ジャンル : 政治・経済

ウクライナ大統領夫人は戦争が欲する好戦主義者か国民を無視する独裁者なのか。

 ウクライナのオレナ・ゼレンスキー大統領夫人は27日に放映された英BBC放送のインタビューで、寒さの中、ロシアによるインフラ攻撃で大規模停電が起きていることについて「私たちは耐え抜く準備ができている」と述べた。夫人は既に多くの犠牲を払ってきたとして停電は「最悪の事態ではない」と強調した。
 長引くロシアの侵攻により欧米などでエネルギーや食料の価格高騰が続いているが、夫人は各国がウクライナ支援で「疲弊しているとは思わない。これは世界観を問う戦争だ」と主張。戦争に勝つことは「普通の生活に戻ること」を意味すると訴えた
 夫人のこの言葉、日本のマーガレット少女的発想の平和主義者、橋下徹、森喜朗などはどう感じとったのだろうか
 夫人は戦争をしたい好戦的な女性なのか、国民を苦しめることを何とも思わない独裁者なのか。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ

テーマ : 軍事・安全保障・国防・戦争 - ジャンル : 政治・経済

旧統一教会の洗脳が問題なら、憲法9条死守、反戦平和を叫ぶ人間も洗脳されていると思うよ。

 旧統一教会問題。洗脳して高額商品を買わされ財産を食いつぶした。こういう布教の在りかたが反社会的だとして宗教法人の在りかたが問われている。旧統一教会で家族を崩壊された犯人は教会に対する恨みから、それに近しい関係を持っていると思って安倍元総理を暗殺した。ワシは宗教色には染まっていないが、在来の仏教で法事をやっている普通の国民だ。
 いま世間では旧統一教会問題を端緒にして洗脳と霊感商法がマスコミを賑わしているが、ワシには今一つわからない。宗教で洗脳することが悪いのか、高額商品を買わせることが悪いのか、洗脳して高額商品を買わせることが悪いのか。マスコミの報道を見る限り、信心のためには高額商品が必要だと洗脳して布教することが悪いというスタンスに感じる。だとしたら高額商品を売らなければ、買わなければ問題ないのか。それは宗教上の問題ではなく商品取引、商法の問題だと思う。しかしマスコミの報道ではそれだけでなく洗脳することも悪いと言っているような気がする。
 洗脳をどのように解釈するかという問題はあるにせよ、宗教を信心するということは一種の洗脳されている状態ではないか。それを他から強制されてやったのか、自らの意思でやったのかが問われると思うが、これを判定することは困難、不可能だと思う。だから「洗脳」が宗教法人の許認可の判断になるのならそれは「洗脳」に名を借りた宗教弾圧にも繋がる危うい思想といえる
 ワシに言わせれば「改憲反対」、「憲法9条死守」、「反戦平和」もすべてマルクス・レーニン教、憲法9条教、反戦平和教に洗脳されたサヨク教に思えるのだが。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ

テーマ : 私の見解 - ジャンル : 政治・経済