1. 無料アクセス解析

安倍ちゃんはいつも最後の詰めが甘いね。

  岸田文雄外相が長嶺安政駐韓大使らを4日に帰任させる方針を表明した。この決定は最終的には安倍首相の決断だ。日本側からすれば、日本総領事館前に設置された慰安婦像の問題に何の進展がない中での帰任になり、大使の帰国は一体何だったのかという後味の悪さだけが残る。
  日本は大見得を切って家を出て行ったが、結局、外は寒くて眠れない、食べる物がないとすごすごと家に戻ってきた感じだ。日本も韓国も意地の張り合いになっていたが、韓国が勝ったという構図になった。勝ち負けではないという意見もあろうが、韓国は勝った、自分らの主張が勝った、日本は非を認めて帰って来たではないかという論調が出てくることが容易に推察できる。
  それにしても安倍ちゃんはいつもそうだが、あと一歩の押しができないねー。育ちの良さが出ているのかな。ワシはもうすぐ韓国側が何らかの動きに出ると思っていたが、朴大統領の逮捕でその目が摘まれた格好になった。日本政府も朴大統領の逮捕、次期大統領選挙などを勘案して、この問題が長期化する、大使を帰任させるには今しかないと判断したのかもしれない。しかし、次期大統領に一番近いと思われる文在寅は公に日本を敵視する反日、親北の政治家だ。慰安婦問題が進展するどころかますます後退することが予測されている。大使を帰任させたはいいが、安倍首相はこの問題をどのように解決しようと考えているのか。何の目算もないのであれば、大使を帰任させた意味もないし、むしろ帰任させない方がよかったくらいだ。
  自民党の二階幹事長には、「当然のことだ。韓国にとって最大の重要な事態を招いている時期に、大使がどこで何をしていればいいかは分かりきったことだ。帰すことになってよかった」、「そもそも、(日本に)帰す必要があったのか。いつ帰すのか、想定してやるべきだ。もう少し考えていただきたい」、「日本も韓国も、慰安婦像はそのままでいいと思っている人は一人もいないと思う。両国の関係者で打ち合わせをして、お互いに後世に笑われないよう、しっかりやってもらいたい」と、いいように言われっぱなしだ。今となっては残念ながらこれには反論のしようがない。
  安倍ちゃんは最後の最後になってコケることは変わらないね。たかが意地でも国家の尊厳を守るために張らなければならない意地もあるんだよ。自分の選挙区に共産主義者の江沢民の銅像を建てようとした売国奴、エロ黒二階には分からんだろうけどね。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 安倍政権 - ジャンル : 政治・経済

森友学園問題、一体いつまでやっているんだ!!

  民進党は一体いつまで森友学園問題を国会で追及するもりなのか。国内外の諸情勢に鑑み、早く対応しなければならない問題が山積しているではないか。北朝鮮のミサイル発射、韓国情勢、アメリカ脱退後のTPP、イギリスのEU離脱と経済的影響、天皇の譲位、テロ特措法、共謀罪など喫緊の課題がある。しかし国会では、第二の吉田清治こと籠池泰典森友学園理事長のウソに振り回され国会空転。森友問題なんか横においといて、北朝鮮のミサイル発射対応、朴おはちゃん逮捕後の韓国の政情と朝鮮半島の安定問題などこそ、国会で論じてもらいたいところだ。
  しかし、民進党や日本のマスコミはこういう問題にはまったく興味を示していない。あるのは森友問題だけ。民進党にしろマスコミにしろ、意識的に森友問題をことさら大袈裟に取り扱っている。そうすることで北朝鮮のミサイル発射問題から国民の関心を遠ざけようとしているように思える。これを連日報道したり、国会での論戦が報じられれば、北朝鮮に対する日本国民の感情は一層悪化するし、金独裁政権に対する批判も出てくる。これは北朝鮮にシンパシーをもつ民進党や社民党、マスコミには具合が悪い。だからこの問題から目を逸らせるために森友学園問題をことさら大きく騒いでいる。
逆に政府および与党は、北朝鮮ミサイル発射問題を何かにつけて取り上げ、ミサイル防衛、日米連携の重要性を国民に訴え、国民から「森友問題なんかより、もっと大事な問題があるだろう!」という声が出るように仕向けたらどうか。いまの安倍政権は、この問題ではちょっと無策ですな。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ

テーマ : 報道・マスコミ - ジャンル : 政治・経済

日本における難民受入れ問題。

3月15日の産経ニュースに難民問題で考えさせられる記事が載っていたので引用する。

  「オランダは寛容の国じゃないよ、無関心なんだ」 「寛容の国」で反移民が力を得るわけ   「寛容? そうじゃなくて無関心さ」。15日に行われるオランダ総選挙の事前取材でハーグを訪れた際、識者に聞いた一言に「ドキッ」とさせられた。オランダも含め欧州では反移民などを主張する大衆迎合主義(ポピュリズム)的勢力が台頭する。だが、同性婚の合法化などで世界に先駆け、大麻も一部公認するなど、個人の権利を重んじる「寛容の国」で、なぜ難民・移民に“非寛容”な主張が支持をえるのか。それが関心の一つだった。識者の見解では、オランダ人がドイツ人やフランス人に比べ、決して寛容なわけでない。「同性愛者が通りで手をつないでも、誰かが大麻を吸っても、自分には関係なく、気にしない」だけだという。だが、移民問題は事情が異なるようだ。「自分の庭に外からボールが飛び込んできたら大変でしょ?」と識者は語る。考え方や文化が異なる人々が増え、一定の政治的影響力も持てば、自国の伝統文化や法律も変えられるかもしれない。自身に関わる「脅威」に「無関心」ではすまない。識者は「どの国でも同じことは起きる」とも。滞在歴の長い現地邦人の話では、同性婚も身内のこととなれば、家庭内の議論になるともいう。「寛容」は「無関心」と紙一重なのか。複雑な思いを抱いた。(宮下日出男)

  日本は移民や難民の受け入れに厳しい、もっと受け入れるべきだなどとマスコミは言うが、彼らを寛容に受け入れてきた結果が今のヨーロッパの状況であるわけで、イギリスがEUから離脱するのもこれが原因だ。だから日本はこのことを学習しなければならない。しかし、一部の国民に「無関心」が見られるのは、上の識者の言葉を借りれば「脅威」になる。かつて小泉政権時代に国対委員長を務めた中川秀直は「移民1000万人受け入れ」を主張していたと思うが、こうなれば日本の国柄は変わってしまう。つまり日本文化、日本人の宗教観および思考、社会規範など根本から変わってしまうということだ。そういう社会を日本人が望んでいるとは思えないのだが、リベラルと言われているいわゆる左翼の識者やマスコミは、そういう社会にもっていきたいようだ。
  彼らには確固たる意思がある。それは日本の国体を破壊させること、つまり天皇家を廃絶させることだ。そして日本を社会主義、共産主義社会に転換させることが左翼の究極の目的だ。
  ある時、テレビで日本に住むロヒンギャの人々を特集していた。ロヒンギャとは、ミャンマーのバングラディシュ国境付近に住むイスラム教徒だが、元来から仏教徒との宗教的争いあり、現在ではミャンマーからも国籍を剥奪されている無国籍民だ。彼らは迫害を逃れ国外へ脱出しているが、その一部が日本に難民として入国している。そのある難民家族にスポットをあて、難民問題を論じていた。その家族には小・中学校に通う子供もおり、日本社会に馴染もうと真摯に生活している姿には心を打たれた。そういう姿を見ると、日本人として何とか力になれないか、彼らが安住できるようにならないかと思ったりする。しかしその一方でヨーロッパにおける難民問題の現実。
  いまの日本人は、難民問題に関して「寛容」な態度を示しているが、それは「無関心」の表れでもある。それがいずれ「脅威」になるという現実にはまだ気がつかないのだろうが、この問題を人権問題に切り替えて難民受け入れを推進させようとする勢力が、虎視眈々と機会を窺っていることを肝に銘ずべきと思う。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ

テーマ : 国際問題 - ジャンル : 政治・経済

籠池泰典は第二の吉田清治か?

  今日23日、学校法人「森友学園」(大阪市)の籠池泰典氏に対する衆院予算委員会の証人喚問が行われ、改めて安倍晋三首相夫人の昭恵氏から100万円の寄付を受け取ったと強弁した。いずれ真実は明らかになるだろうが、ワシには、籠池が、「どうせ地獄に落ちるなら、誰かを巻き添えにしてやる!」と自暴自棄になっているように見える。本人の証言する顔には一点の曇りもなかった。完全に開き直った態度だった。言うた者勝ち、俺を陥れるならやってみろと脅しをかけているようにも見えてた。
  よーく考えると、こういう態度の人間がいたよなー。誰だったけなー。そうだ、思い出した。従軍慰安婦問題をねつ造した世紀の噓つきマン、あの吉田清治だ。籠池もここまで嘘をねつ造できれば、吉田清治に匹敵する。そういう目でみれば、籠池の顔を吉田の顔に似ているよなー。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ

テーマ : 報道・マスコミ - ジャンル : 政治・経済

元自治相の石井一が金正男と会談予定だった。何のため?

  北朝鮮の金正男(キム・ジョンナム)が暗殺された事件で、同氏が3月1日に、マカオで石井一元自治相との会談を計画していたことが分かった。石井が28日、産経新聞の取材で明らかにした。
  石井は長年、日朝国交正常化にご執心で平成2年9月には金丸信元自民党副総裁が団長を務めた超党派の訪朝団に事務総長として同行している。金正男との会談は、韓国の実業家の仲介で、石井が金正男を使って関係改善、日朝国交正常化を模索しようと計画していたと思われる。
  こういう動きは、何か気持ち悪いねー。政府は知っているのか、あるいは政府が密使として石井を使おうとしていたのか。それとも日朝国交正常化議連の動きか、はたまた石井のスタンドプレーか。いずれにしろ、石井の動きはどこか胡散臭い。前の三つはまずあり得ないだろう。日朝国交正常化議連といっても実は北朝鮮に金玉握られている山崎オタクが作った日朝国交正常化推進連盟のことで、あのバカ菅直人、加藤紘一、東順次、福島瑞穂らが顧問しているところから見てわかるように、金様大好き、金独裁政権熱烈支持、金豚ちゃん頑張ってネのズブズブの北のシンパだ。というか工作員集団みたいなものだ。しかし、石井はこの会には属していない。
  ワシは石井のスタンドプレーと見ている。石井は昔から北朝鮮との関係が深く、何かにつけ北を擁護する。日本人拉致事件に対しても、「被害者はとっくに死んでいる。何を今さら奪還、奪還と騒いでいるんだ。すでに決着している問題だ」と公然と言っている。今回、石井は金正男と3月1日にマカオで会談する予定だったというが、「日朝関係の今後について意見交換」というがそんな綺麗ごとではないだろうことは容易に推測できる。石井が個人で金正男に会う理由は何か。それも韓国実業家の仲介で。思い出すのは、平成2年9月の金丸訪朝団だ。このときボケ老人の金丸信(キン ガンシン)は「戦後の償い」として2兆円ともいわれる戦後賠償を約束したといわれている。石井はこの時、事務総長として同行しており、このいきさつを熟知している。北はこの金が一刻も早くほしいところだが、その後の日朝の関係悪化で話が進まない。ただこの話は、政府は公式に認めてはいないし、日本が払うべき金ではない。一方で金正男は北を追い出され、流浪の身だ。それどころか弟に命を狙われている身だ。こういう状況の中で、正男君は2兆円の話を思い出し、これを手土産に弟の金豚と撚りをもどそうと考えたのではないか。そのメッセージを石井に託し、日本にそういう気運をつくり、北朝鮮との接触の場を作りたかったとワシは見ている。石井はそのために政治的に動こうとしていたと見る。これこそ売国奴だ。そしてその利権を握ろうとしているのが仲介したとされる韓国実業家だ。この人間はもしかすると北朝鮮のスパイかもしれない。
  とにかく石井はそういう渦の中で動こうとしていたのは確かだ。こういう男が元自民党の実力者だったということを忘れるわけにはいかない。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ

テーマ : 政治・時事問題 - ジャンル : 政治・経済