FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

文喜相の、上皇さまへのお詫び発言の真相。その後どうなってんのよ。

 韓国国会議長の文喜相が先日来日した際、日韓議連の河村幹事長と話をし、「天皇謝罪発言」について上皇さまにお詫びの手紙を送ったことを河村が明らかにしたが、実はこれが嘘だったことを韓国の聯合ニュースが報じた。これについてワシは9日のこのブログに書いているが、真相が見えてこない。文喜相が河村に嘘をついたのか。河村が日本国民に嘘をついたのか。この件では、日本のマスコミもピタリと報道しなくなった。河村が嘘をついたとなれば、これは大問題。本人は政治家を辞職しなければならない。野党、マスコミにとって、願ってもいない攻撃材料のはずだが、朝日でさえも追跡調査はしていない。なにかに忖度しているようだ。それが何か。そこをしっかりと調査報道するのが産経新聞だと思うのだが、産経も長いものに巻かれたか。

 9日のブログ 「日韓議連の河村建夫は上皇様に嘘をついた」
 韓国の国会議長、文喜相が、「天皇謝罪発言」をしたことについて、日韓議連の河村建夫幹事長がラジオ番組で、文喜相が上皇さまにお詫びの手紙を送ったことを明らかにしたが、これご嘘だったことが8日の韓国聯合ニュースで報じられている。
 文が河村に嘘をついたのか、河村が日本国民に嘘をついたのか。ここで問題なのは後者の場合だ。河村は個人的に、または日韓議連として韓国を擁護、応援したい気持ちから嘘をついたのかもしれないが、一番の当事者である上皇さまに嘘をついたことになる。戦前であれば極刑。現在ではそういうことはできないが政治生命を絶つに値する行為だ。この河村建夫にマスコミは取材しているのだろうか。
 文喜相は上皇さまにおわびの手紙は出していなかったという報道だけで済まされる問題ではない。天皇、上皇に対して公に嘘をついたということは「天皇謝罪発言」と同じくらい侮辱したことになる重大事案といえる。マスコミは是非とも河村を取材し、河村のラジオ番組発言の真意を探ってほしい。(以上)
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ

スポンサーサイト



テーマ : ヘタレの売国奴支配の日本 - ジャンル : 政治・経済

GSOMIA失効近し。韓国とは「触らぬ神に祟りなし」で行くべきだ。

 韓国大統領府の鄭義溶国家安保室長は10日、韓国が破棄を決め、失効が迫る日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)について「韓日両国が解決すべき問題で、韓米同盟とは全く関係ない」と強調した。大統領府で記者団と懇談した。
 鄭氏は「韓国の立場から見れば、最近の韓日関係悪化の根本原因は日本がつくった。韓日関係が正常化されれば延長を検討する用意がある」と述べ、日本側に輸出管理厳格化の撤回を求める立場を表明する一方で、失効しても韓国の安全保障への影響は限定的だとの見方も示した。
 韓国はGSOMIAを他人事のように考えている。このような姿勢で北朝鮮の軍事脅威に対応できるのかと心配になる。どうでもいいことではあるが。
 GSOMIAは元来、米韓同盟を補強するために、米韓間で結ばれたものだ。主体はあくまでも米国と韓国だ。ただ朝鮮半島有事の際には日本は直接加担はできないが、米軍が日本の基地から出撃、物資の供給をすることから日米韓で軍事情報を共有しようと結ばれたものだ。米韓のGSOMIAを補完する役目ともいえる。鄭義溶国家安保室長は「韓米同盟とは全く関係ない。失効しても韓国の安全保障への影響は限定的だ」と言っているが、日本が言うならまだしも、韓国が言うなら当事者意識が欠如していると言わざるを得ない。北朝鮮との統一を志向している文政権だから、そもそもがGSOMIAの重要性など考えていない。逆に邪魔な存在と思っているのだろう。しかし、韓国の思いとは裏腹に、米国は、11月5日にはデイビッド・スティルウェル米国務次官補(東アジア・太平洋担当)が訪韓しGSOMIAの維持を要求したのをはじめ、米軍幹部も強烈に韓国大統領府を説得したという。また11月中旬にもエスパー国防長官も訪韓しGSOMIAの維持を求める。米国のこれだけの動きを見ても、「韓米同盟とは全く関係ない」と言うのだろうか。
 「韓米同盟とは全く関係ない。失効しても韓国の安全保障への影響は限定的だ」という鄭義溶国家安保室長の発言は、日本に対する強がりだ。韓国は日本に対するコンプレックスからくる皮肉れたプライドから、日本に対して決して頭を下げようとしない。日韓関係の悪化は日本が原因を作ったのだから、日本が関係を正常化するなら、GSOMIAの破棄を撤回してやってもいいという態度だ。あくまでも日本側に頭を下げさせたいというのが韓国の姿勢だ。しかし安倍政権は、徴用工判決の国際法違反を韓国が是正するのが先だとしてまったく動じていない。おそらく失効期限までに安倍政権が態度を変えることはないと思われる。その時、韓国は強い米国の要求を無視してGSOMIAの破棄に及ぶのか。文在寅政権としては密約してでも、日本に形だけでもいいから何らかの妥協をしてもらいところだが、慰安婦問題のときの河野談話のように韓国に嵌められることを学習している安倍政権は、国際法違反の是正という原則以外受け付けない方針だ。
 結局韓国は、日本に対する皮肉れたプライドを固辞してGSOMIAを破棄するのではないか。皮肉れたプライド、穿ったプライドが国家の存続を脅かすことになることに韓国人は気づいていない。米国の再三の維持要求を無視されたトランプ大統領は間違いなく直ちに在韓米軍の撤収を始める。その時になって初めて韓国人は国家存亡の危機を感じ、米国、日本に協力を要請してくる。しかしトランプは相手にしないだろうし、日本もこれまでの自民党政権ではないので、手を差し伸べることはしないだろう。韓国は自力で国家を守るのか、または北朝鮮に併合されるのか、韓国国民は決断しなければならない。その動向を見て、これからの朝鮮半島との付き合い方を考えていけばいい。現状は「触らぬ神に祟りなし」だ。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ


テーマ : 日韓関係 - ジャンル : 政治・経済

被害教諭は、加害教諭に慰謝料、損害賠償を請求すべき

 神戸市の小学校で教師4人が同僚の男性教師に悪質ないじめを繰り返していた問題で、被害にあった教師が公務災害を申請したことが分かった。
 神戸市の東須磨小学校では、20代の男性教師が、同僚の教師4人から悪質ないじめを繰り返し受けて体調を崩し、今年9月から休職を余儀なくされている。男性教師の弁護士によると、精神状態が悪化したのは、勤務中に受けた度重なるいじめが原因だとして、民間企業の労災にあたる「公務災害」の申請書類を、8日、市の教育委員会に提出したことが分かった。教育委員会は近く、地方公務員災害補償基金に書類を提出する予定。男性教師は通院などにかかった治療費を請求する方針で、基金側が認めれば、支払われることになる。
 被害教諭の立場からすれば公務災害を申請する気持ちはわかる。しかし、これが認められれば治療費は公費つまり基金から支払われることになる。あれだけのいじめをした加害教諭らは、治療費を支払わないですむことになるが、これでいいのだろうか。手続き上、地方公務員災害補償基金が支払っても、基金側は後で、加害教諭に治療費を請求しなければならないと思う。そうしないと基金に掛金を支払ってきた加入者の理解は得られないと思う。
 地方公務員災害補償は、公務上での不可抗力による事故に対して支払われるもので、勤務時間内に行われた遊びや過度のいじめなどが対象になるものではないと思う。公務時間中に起きた事件、事故とはいえ、それが勤務をさぼってやった遊びや悪ふざけ、いじめや恐喝であれば、それは公務ではない。
 被害教諭は加害教諭に対し、慰謝料や損害賠償を求めるのが筋だと思う。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ

テーマ : 教育問題 - ジャンル : 政治・経済

辻元清美がこれまでの思想を変える訳がない。

 足立氏は、天皇制廃止を訴えた辻元氏の過去の発言も挙げ、「こうした発言を繰り返す辻元氏が憲法審査会の幹事なのは適当ではない」と批判した。これに対し辻元氏は「30年ほど前、学生時代にご指摘の発言をした」と認めた。その上で「日本国憲法の下、日本は生まれ変わり、戦争放棄の国になった。憲法に規定されている象徴天皇を尊重しなければならない。私は考えが一面的だったと痛感し、深く反省した」と述べ、著書の内容を撤回した。
 辻元が著書の内容を撤回したといっても、辻元の思想は変わらない。いまでも天皇廃止、皇族廃止、北朝鮮・金日成礼賛、自衛隊廃止、共産主義志向、中核派支持、関西生コンべったり、などは変わらない。
 ワシの街の商店に「世界一周の旅」(主催 ピースボート)のポスターが貼られているが、辻元の顔が浮かんで胸くそが悪くなる。世界一周している間、この船の中では共産主義洗脳教育が行われているという話も聞く。
 何年か前、自衛艦が海賊対策でホルムズ海峡に派遣されているときに、辻元は自衛艦の海外派遣絶対反対を叫んでいたにもかかわらず、「世界一周の旅」船が当該海域を通行する時には、自衛艦に護衛を要請してきた。こんな船、護衛する必要はなかったのだ。「日本には憲法9条がある」と叫びながら航行すれば海賊も襲い掛かってこないし、戦争に巻き込まれることもなかったはずだ。仮に不幸にも海賊に襲撃されたりして死者が出ても、辻元はじめ左翼団体から崇められ「左翼葬」にしてもらえたはずだ。
 辻元がなんと言い訳しようが危険人物には変わらない。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ

テーマ : サヨク・在日・プロ市民 - ジャンル : 政治・経済

加害教諭が、給与差し止めは違法だとよ。どの口が言うか!

 神戸市立東須磨小学校(同市須磨区)の教員間暴行・暴言問題で、加害教員4人のうち、給与を差し止めた市の処分取り消しを求めた30代の男性教員の代理人弁護士が9日会見した。「給与差し止めを決めた市の判断は違法。(処分取り消しを求める)審査請求が退けられれば、訴訟も視野に入れている」と明かした。
 法律論は分からないが、国民感情としては、「法律違反しているお前が、判断は違法などと言うな!」というのが正直な気持ちだろう。しかし「国民感情」をあまり言い過ぎると韓国と同じになるから好きな言い回しではないが・・・・。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ


テーマ : 日本を正常な国に戻したい - ジャンル : 政治・経済