FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

全国ネットの保守メディアを作れ。

 最近、インターネットニュースには、「安倍支持率急落」、「安倍首相の支持率0」、「安倍以外なら誰でもいい」、「史上最低の総理」、など安倍首相がいかに国民に支持されていないかというニュースが目に付く。しかし、ワシには安倍首相がまったく国民の支持を得られていないという実感はない。報道が正確ならその論拠を示してもらいたいものだ。おそらくモリカケ問題、桜を見る会、検察庁法改正案、黒川検事長の定年延長問題などを指していると思われるが、これらはいづれもフェイクニュースであり、その証拠にどの件も、安倍首相を辞任に追い込む決定的証拠は出て来なかった。当たり前だ。事件そのものがフェイクであり、法手続き上も何の問題もなかったからだ。
 恣意的に安倍首相の関与に結び付けて、安倍を陥れる左翼マスコミの謀略だった。この謀略が破綻したため、今度は安倍首相の支持率が急落したことをネタにして、ことさらこれを強調することで、国民に意識に「安倍は支持率が低く、交代させなければならない」という空気を醸成している。これは明らかにマスコミによる世論操作だ。
 都合のいい時は「社会の公器」といい、「報道の中立公正」を謳い、「国民の知る権利」に支えられているいうが、実態は左翼の宣伝機関でしかない。こんな政治色の強いマスコミに、公共の電波が寡占されていいのか。マスコミもいち民間企業というなら、それに対抗する姿勢のマスメディアを作らないと平等ではないし、健全ではない。NHKを解体して、開いた周波数帯に新保守メディアを作ったらどうか。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ


スポンサーサイト



テーマ : 政治の現状とマスコミによる洗脳 - ジャンル : 政治・経済

公務員にコロナの10万円。冬のボーナスで相殺するべきだ。

 ワシの家にもコロナの10万円が振り込まれた。社会人の子供と同居しているので、家族3人で30万だ。
 この金は貯金する金でなく、使う金だ。社会に還元する金だ。だから夫婦の20万円は買い物したり、飲食したり、小旅行でもしようかと思っている。
 下世話な話だが、お隣りの公務員一家は、60万円入っているはずだ。夏休みは短くなる予定のようだが、この期間に有給とって海外旅行を計画しているという井戸端話だ。
 「ほーっ。」と無関心を装ったが、内心は穏やかではない。やっかみで言っているわけではないが、コロナ感染で公務員にも10万円支給は、やっぱり納得がいかない。どんな経済的損出を被ったというのか。どう考えてもおかしい。多くの国民もそう思っている。
 今年の冬の賞与で10万円を相殺することを求める国民運動でもするか。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ

テーマ : このままで、いいのか日本 - ジャンル : 政治・経済

安倍首相は、池田清彦を名誉棄損で訴えろ!

 一応、生物学者らしいが、池田清彦という人間が、「武漢ウイルス感染」、「検察庁法改正案反対」、「安倍辞めろ」で盛んにツイッターに投稿している。研究そっちのけで。それも自分の感情をそのままツイートするならまだいいが、世間の下世話話をネタにして個人攻撃していることは許されるものではないと思う。名誉棄損で訴えられてもおかしくないことだ。
 5月30日にツイッターで、「アベノマスクは国民にマスクを配ることが目的ではなく、税金をお友達にばら撒き利益を得ることが目的だったのだ」との投稿を引用し、「全くその通りなのだけれど、ノロノロしてたので、却って逆効果だったのだ。なんでも身内の金儲けの口実にする史上最低の政権」と同意した。つまり、安倍首相がコロナ対策のマスクを国民に配るという名目で、友人の会社にマスクの製造を委託して、一企業の利益を誘導し、その会社から利益の一部をキャッシュバックさせて懐に入れていると言っているのだ。これが事実なら、これは刑事事件として扱われなければならない問題だ。これが事件になったら即、首相辞任、議員辞職、逮捕だ。それくらい大きな問題を、事実確認もせず、何の証拠もなく、さも事実のように公共の電波で不特定多数に拡散する。これこそ社会主義、共産主義者が暴力革命に使う世論操作だ。池田もその口なのかなー。
 同じことをされたら、池田をどう対処するのかな。「池田清彦は、国からの研究助成金を使った研究成果を、中国の武漢ウイルス研究所に横流ししていた」、「池田清彦は、新型コロナが武漢で発生したことを打ち消すために、中国から金をもらってマスコミ工作している」などと、ちまたの下世話話がツイートされても大きな気持ちで見守るのだろうね。
 さすが! 池田さんは人間ができている!
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ


テーマ : サヨク・在日・プロ市民 - ジャンル : 政治・経済

日本のコロナ感染抑制の成功は謎でも何でもない。政府がしっかりとした対策をとったからに他ならない。

 6月1日のWEBニュース(産経新聞ニュース)を見ていたら、以下の記事が目についた。
 ロックダウンもせず、自粛や休業要請という“お願いベース”で封じた日本の対応を「ミステリー」とみなし、成功の秘訣(ひけつ)を解き明かそうとする記事だ。
 以下参照。

 【国際情勢分析】不思議の国ニッポン!? コロナ第1波封じの「謎」追う海外メディア
 緊急事態宣言の解除に伴い、新型コロナウイルスの感染拡大を外出の自粛や休業要請という“お願いベース”で封じた日本の対応を「ミステリー」とみなし、成功の秘訣(ひけつ)を解き明かそうとする海外メディアの報道が相次いだ。唯一の決定打はないとして、ハグやキスの代わりにお辞儀であいさつする非接触型の行動様式から感染経路を追跡した保健所の活動まで多岐にわたる要因を列挙。成功したにも関わらず政府に対する国民の評価が低いという謎を追いかけた記事もあった。(以上)

 海外メディアは、日本がコロナ感染の抑制に成功した「謎」を探っているが、まさに灯台下暗しだ。それは日本政府がしっかりとした対策をとったからに他ならない。
 政府が設置した専門家会議の提言を受け、忠実にそれを実行したことに尽きる。外野の雑音に惑わされることなく、冷静に科学的データを分析して、信念をもって事にあたった結果だ。そう考えると、専門家会議がもっと評価されてもいい。何を言われようが、冷静に黙々と、感情に流されずに仕事をやり遂げた姿勢はまさにプロフェッショナルだ。いつか「プロジェクトX」で放映されるかもしれない
 海外メディアはまた、成功したにも関わらず政府に対する国民の評価が低いという謎にいついても記事にしているが、これも実態を見ていない。海外メディアは反政府の「大きな声」だけを捉えて、国民の評価は低いと断じている「大きな声」にかき消された「声なき声」の大きさに思いが及んでいないこれこそが海外メディアが探る日本の神秘ではないか。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ


テーマ : 報道・マスコミ - ジャンル : 政治・経済

左翼陣営、仕方ないから医療従事者を評価する。WHOの日本評価を受けて。

 あれだけ安倍政権のコロナ対応を批判していたマスコミ、立民、国民民主、共産などの左翼陣営およびそれと共同歩調をとって安倍批判を繰り広げていた評論家、大学教授、元官僚、タレント、芸人などは、WHOが「日本はコロナの抑制に成功した」と発言したら、ピタッと安倍批判を止めた。
 世界のWHO様に反論するだけの知識も見識もない奴らだから、当然と言えば当然だろうが、かといって手のひら返して、安倍を褒めちぎるかと言えばそうでもない。褒める相手は日本の医療関係者だ。そこに異論を挟むつもりなない。それは、国民みな同じ思いだ。
 世間の喧騒に惑わされず、冷静に、そして地道に、医療崩壊を起こさず、コロナ緊急事態を解除させたことは、ひとえに日本の医療従事者の献身的な働きによるものだ。世界に誇っていい日本の医療体制だ。そして、政府が設置した専門家会議にも同様の評価が与えられるべきものと考える。
 ところが、左翼陣営はどうしても、安倍首相を評価したくない、褒めたくないようだ。彼らは、安倍政権はコロナ対策に失敗した。それは安倍が悪い。安倍政治の全てが悪いというように話を誘導して行きたかったのだ日本という国はいつも「悪い国」でいてもらわなければならない。日本国をいい国、コロナ対策が成功した国などと評価されるのは、彼らにとっては迷惑な話なのだ。だから、日本国のいい話は報道しないし、口を紡ぐ。それが左翼の基本方針といえる。
 本来ならば、WHOに評価された日本のコロナ対策も報道したくはなかったのだろうが、WHOの公式見解をさすがに無視することもできず、安倍政権ではなく、医療従事者を評価することで、報道の辻褄を合わせただけだ。医療従事者には耳障りの悪い話になるが、左翼陣営の、あなたたちに対する評価は、そんなもんなんですよね。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ

テーマ : 政治の現状とマスコミによる洗脳 - ジャンル : 政治・経済